【読書メモ:健康格差】自業自得で片付けたらしっぺ返しをくらう

健康格差是正のためナッジを有効活用せよ

『健康格差 あなたの寿命は社会が決める』を読みました。

このサイトでは何度も「健康に生きることが、個人でもっとも簡単にできる社会貢献だよー」伝えています。自分でも分かっていますが、それってすごく厚かましい言葉だったりします。

「お前に言われたくねーよ!」ってね。

じゃあ政策として、厚かましくなく人々を健康にしていくためにはどうするべきなのか?そのヒントが書かれている本だと思います。2017年にノーベル経済学賞を受賞したリチャード・セイラー教授の理論がめちゃんこ参考になるのです。

いつものごとく、気になったところをメモしていきます“φ(・ω・。*)カキカキ

“【読書メモ:健康格差】自業自得で片付けたらしっぺ返しをくらう” の続きを読む

【読書メモ:「よく見える」の落とし穴】近視になる前に読みたかった視力本

【読書メモ:「よく見える」の落とし穴】近視になる前におきたかった視力本

認定眼鏡士の田村智則さんの『「よく見える」の落とし穴』という本を再読しました。

1年ぐらい前に読んだ本なんですけど、久しぶりに読み直して見るとまた新たな発見があったので、いつものようにメモしていきたいと思います。

昔読んだ時のメモはこちらのサイトで書いているので、もしよろしければ合わせて参考にしてみてください→田村知則さんの「よく見える」の落とし穴を読んで

“【読書メモ:「よく見える」の落とし穴】近視になる前に読みたかった視力本” の続きを読む

風邪はほとんどウィルスなので抗生物質では治りません。薬剤耐性菌に注意!

抗生物質で 風邪は治りません

問題です、風邪に抗生物質は効くでしょうか?

なんとこの問題4割ぐらいの人が間違っちゃうらしいんですね。
風邪のほとんどの原因はウイルスによるもので、ウイルスには抗生物質は効きません。

抗生物質とは名前の通り、『生き物』に対して効く薬になります。
ウイルスは生物と無生物の中間にあたる存在なので、抗生物質は効果がないのです。

“風邪はほとんどウィルスなので抗生物質では治りません。薬剤耐性菌に注意!” の続きを読む

指定医薬部外品ってなに?サプリメントとどう違うの?

指定医薬部外品ってなに?サプリメントとどう違うの?

「医薬部外品ってなんだよ!」

小難しい言葉は消費者を惑わせますよね(´・ω・)
ということで、この記事ではできるだけ簡単な言葉でまとめていきたいと思います!

“指定医薬部外品ってなに?サプリメントとどう違うの?” の続きを読む

ビタミンCの摂りすぎは危険!?遺伝子を傷つける可能性がある理由

ビタミンCの摂りすぎは危険!?遺伝子を傷つける可能性がある。

ビタミンCは体に大切なんや!」

確かにビタミンCは体に大切な栄養素になります。
しかし、摂りすぎも危険だといことが分かっています!

今回の記事は、日本医科大学教授の太田成男さんの『体が若くなる技術』を参考に書いています。

“ビタミンCの摂りすぎは危険!?遺伝子を傷つける可能性がある理由” の続きを読む

太りやすい体質かどうかは思春期までに決まっている!?遺伝的傾向を調べてみた

太りやすい体質かどうかは思春期までに決まっている!?遺伝的傾向を調べてみた

太りやすい体質か、痩せやすい体質かって思春期までに決まってるんですって(´・ω・)

日本医科大学教授の太田成男さんの『体が若くなる技術』にそのことが書かれていて、「やっぱりそうなのかー」と、少しだけ悲しくなりました。(私は太ってないのですが)
だから、太りやすい体質の人って本当にダイエットが大変なんだと思います^^;

今回の記事では前半に『脂肪細胞』について書いてき、後半で私のMYCODEで調べた遺伝的データを載せたいと思いますので参考までに^^

“太りやすい体質かどうかは思春期までに決まっている!?遺伝的傾向を調べてみた” の続きを読む

【まとめ】健康を意識するならミトコンドリアの機能を理解し増やすしかない理由

ミトコンドリアってご存知ですか?

私たちの細胞中にある機関です。
そして、ミトコンドリアは私たちのエネルギーを作る機関なので、体にとって超重要な機能を果たすものになります。

太田成男さんの『体が若くなる技術』と林純一さんの『ミトコンドリア・ミステリー』を読み、ミトコンドリアの機能・効果・増やし方を学んだので、今回の記事ではそれらについてまとめていこうと思います。

長くなってしまったので、ゆっくりと読んでもらえたらなと思います。
また、ミトコンドリアについてもっと知りたい!という方は、太田さんと林さんの本を読んでみてください。(林さんの本は難しめです。)

“【まとめ】健康を意識するならミトコンドリアの機能を理解し増やすしかない理由” の続きを読む

薬剤耐性菌が増え続けているのでがんより怖いかも!?

2050年には がんの死亡者数より 耐性菌の死亡者数増

薬剤耐性菌ってご存知ですか?
薬に対して耐性を持つ細菌のことです。

少し前にこんな記事を書きました→→→『大便を移植する『便微生物移植』の効果がすげえ!
ディシフィル菌という耐性菌で、アメリカでは年間1万人を超える死者が出ています。

耐性菌ってあんまり馴染みない言葉かもしれませんが、超怖いものなんですね。
ホンマでっかTVでも薬剤耐性菌の危険性について警鐘を鳴らしていたので、気になったところを備忘録的にメモします。

“薬剤耐性菌が増え続けているのでがんより怖いかも!?” の続きを読む

インスリン感受性を高めるための食事法とは?運動を合わせるとさらに効果的

インスリン感受性を 高める食事とは?

前回の記事『太っている人は脳が小さい?脂肪はただのエネルギー貯蔵庫ではなくホルモンを分泌』に引き続き、デイビット・パールマターさんの「いつものパン」があなたを殺すで気になったところを書いていきます。

インスリン感受性を取り戻すことが糖尿病を防ぐことにつながります。
ではどのような食事を心がければ、インスリン感受性を取り戻すことができると思いますか?

“インスリン感受性を高めるための食事法とは?運動を合わせるとさらに効果的” の続きを読む

太っている人は脳が小さい?脂肪はただのエネルギー貯蔵庫ではなくホルモンを分泌

肥満が脳に与える影響

前回の記事『老化を防ぎたいならAGEs(終末糖化産物)を減らすしかない』に引き続き、デイビット・パールマターさんの「いつものパン」があなたを殺すで気になったところを書いていきます。

お腹についている脂肪って、ただのエネルギーの貯蔵庫くらいの認識じゃないですか?
ところがどっこい、脂肪細胞がホルモンを分泌しているんですって!

しかもそのホルモンが体に悪影響を与えるのだとか・・・(´・ω・)

“太っている人は脳が小さい?脂肪はただのエネルギー貯蔵庫ではなくホルモンを分泌” の続きを読む