がん

がんは幸せという概念?がんと他の死亡原因と比べる

がんは幸せな病気?

『がんは恐ろしい病気』というイメージが僕らの頭の中にはあります。
今や三人に一人はがんで亡くなり、これからは二人に一人はがんになると言われています。
ですから、「がんは怖い!」というイメージを持っていても仕方がありません。

でも、これだけの人ががんになるのだから、「がんになっても当たり前じゃん!」てな考え方があってもおかしくありませんよね。
人間が共通して持っているものは『死』です。
がんになろうと、がんにならなかろうと、結局は僕たちは死という未来に向かって進んでいるのです。

話は変わりますが、世界には、『がんという病気は幸せな病気と捉える概念』があるのをご存知でしょうか?
「え?どういうこと??」と、ほとんどの人が思うはずです。
ということで、今回の記事では『がんという病気を幸せな病気と捉えてみる』ことについて書いていきます。

 

続きを読む

なぜ『がん』は増えたのか?医療技術と長寿と遺伝子異常の関係性

がん患者が増えている理由

今は日本人の3分の1は『がん』で亡くなっています。
僕は今20代なのですが、きっと僕が60、70歳になることには、がんで亡くなる人が2分の1くらいになっているはずです。

では、なぜ『がん患者』は増えていると思いますか?
今回の記事では『がんで亡くなる人の増加の原因』について書いていきたいと思います。

続きを読む