呼吸で副交感神経優位にして自律神経を整えよう

呼吸で副交感神経優位にして自律神経を整えよう
スポンサーリンク

自律神経と呼吸って関係していることをご存知でしょうか?

呼吸は腹圧を高めて体幹を安定させる以外にも、素晴らしい効果があるんですね。
ということで、今回の記事では『呼吸と自律神経の関係』について書いていきます。

スポンサーリンク

自律神経とは?

まずは自律神経の説明から。

自律神経は、

  1. 交感神経
  2. 副交感神経

によって構成されています。

自律神経は僕たちの意識とは無関係に働きます。
例えば、呼吸や体温調節、血液の循環や消化などが自律神経によって調節されています。

僕たちの意識とは関係なく働いてくれるので自律神経はとっても便利なのですが、逆にいうと思い通りには動かせない神経なのです。
「血液の循環よ、もっと早くなれ!」と思っても、血液の循環は一定ですよね。

余談ですが、自律神経と違うものは、筋肉を動かす運動神経や、温度を感じたりする感覚神経というものがあります。

交感神経

自律神経の中でも、交感神経は生き延びるために必要な体の器官を活性化させ、エネルギーを消費する方向に働きます。
交感神経はこんな呼ばれ方があります。

闘争・逃走の神経』と。

例えば目の前に危険な動物が出てきたら、僕たちの心臓の鼓動は早くなり、血圧が上昇し、呼吸が荒くなります。
こういうときは交感神経が活性化されており、逃走の準備を始めているんですね。

一刻の猶予を争うときに、下手に思考していては間に合いません。
ですから副交感神経より交感神経が優位になるんですね。

副交感神経

副交感神経は、交感神経とは逆で、体を回復させるためにエネルギーを貯蔵する方向に働きます。
副交感神経はこんな呼ばれ方があります。

休息と消化の神経』と。

副交感神経が活性化すると、心拍数は減り、血圧は下がり、呼吸はゆっくりになります。
また消化器官は活発になり、食事を促し、食後は眠くさせて体の回復をさせようとします。

このように交感神経と副交感神経はバランスを取り合っています。
危険から逃げるときには交感神経が働き、逃げた後に体を休めるためには副交感神経が働きます。
獲物を捕まえるときは交感神経が働き、食事するときは副交感神経が働きます。

自律神経失調症

現代社会はストレスが多い社会です。
そのため常に交感神経が活性化し、副交感神経が出る幕が少なくなります。

そうなると交感神経と副交感神経のバランスが悪くなり、自律神経がおかしくなってしまうのです。
睡眠障害を抱える人は、副交感神経の活動が弱まっており、体を休息させることができなくなっています。

休息できないと日々のパフォーマンスは落ち、ストレスフルな社会に対応できなくなり、どんどんと心も体も衰弱していってしまうんですね(´・ω・)

呼吸で自律神経を整える

呼吸は自律神経と密接な関係があります。
ヨガとか瞑想とかがまさにそうですよね。

ヨガの世界では息を吸うのは交感神経、息を吐くのは副交感神経とみなされています。
つまり、息を吸うことより、吐く時間を長くすれば副交感神経優位にすることができます。

逆に呼吸が浅くなれば、吸う回数が増えるので交感神経優位な状態になり、エネルギーを消耗していくことになります。

「緊張したときは深呼吸して!」と、いたるところで使われる言葉がありますが、これってあながち間違ってないんですね。
ゆっくりと呼吸することは、副交感神経優位にすることができるので、心を落ち着かせることができるのです。

正しい呼吸の仕方

正しい呼吸の仕方は、まずは腹式呼吸を身につけることです。
腹式呼吸は横隔膜という呼吸筋を使う呼吸方法ですが、横隔膜の筋肉が弱っているとなかなか難しいと思います。

腹式呼吸は、お腹が膨らむように息を吸い、吐くときに自然とお腹がへこむように呼吸します。
呼吸の際に肩が上下するようであれば、それは胸式呼吸になっているので注意しましょう。
お腹に手を当てていると、吸うときや吐くときにどの部分が動いてるかを確認できるのでオススメです。

まずは5秒吸って5秒吐けるようにしましょう。
それができるようになったら、10秒吸って10秒吐くようにします。

これの最終的な目標は20秒吸って20秒で吐くようにすることですが、ここまでいくのはちょっと難しいかもしれないので、次のステップに行きます。

次のステップでは吐く時間を長くしていきます。
5秒吸って10秒吐くようにしましょう。

これができるようになったら10秒吸って20秒で吐きます。
そして15秒吸って30秒・・・・とできるだけ長くしていきます。

この辺までくれば副交感神経を優位にで、心身ともにリラックスできるようになっています。
腹式呼吸になれないうちはお腹が苦しいでしょうが、続けていけば必ず自然とできるようになるので、頑張ってみてください!

まとめ

いかがだったでしょうか?
この記事では『自律神経と呼吸』について書いてきました。

自律神経と呼吸は無関係そうに見えるのですが、科学的にも密接な関係があることがわかっています。
本来、呼吸というものは自律神経でコントロールされているので、僕たちは意識をしなくても呼吸をすることができます。

しかし、ここであえて意識して呼吸をしてみることが大切で、吸う息より吐く息を長くすることで、副交感神経を優位にすることができます。
人間の体って非常に興味深いですよね。

交感神経が優位になるから呼吸が浅くなるのか、呼吸を浅くするから交感神経が優位になるのか・・・そのどちらも互いに影響しあっているところが面白いですよね。
これは、面白いから笑顔になるのか、笑顔を作るから面白くなるのか、という話と一緒ですね(=゚ω゚)ノ

話は逸れましたが、ストレスフルな社会ですので、どうぞ呼吸を意識して副交感神経優位な生活を手にしてみてください。
きっと、人生が変わるはずですよ!

スポンサーリンク

サイト記事まとめ

記事がバラバラしてきたので、

一覧にしてまとめてみました。


1.体に必要な栄養とは何か?栄養に関する知識をまとめてみた


2.有酸素運動・筋トレ・ストレッチのやり方と効果のまとめ


3.腸内細菌環境を整えることこそ健康のためのファーストステップ


4.おすすめのサプリメントを紹介!くれぐれもライフスタイルに合ったものを選んでください


5.男の美容まとめ!化粧品の基礎知識を知って肌に優しいものを選ぼう!


6.あんた誰だよ?ということでプロフィールページになります


メルマガ始めました。

運動やら食事やら健康系に関する質問などはメルマガで答えていきますので、よければ登録してやってください。


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*