ロールタイプのデンタルフロスを購入したけど使い方が難しすぎて挫折しそうな話

デンタルフロスを購入したけど使い方が難しすぎて挫折しそうな話 病気
スポンサーリンク

デンタルフロスやってます?

俗に言う糸ようじは使っていたのですが、経済的により安いただの“糸”みたいなフロスを購入して使ってみたのですが、まぁ使いづらい笑

安いのですが、挫折しそうなほど難しいんです。ということでデンタルフロスの使い方を調べてみたのでまとめていきます。

スポンサーリンク

デンタルフロスを使う理由

ずっとデンタルフロスユーザーだったのですが、口腔洗浄器を購入して使わなくなりました。が、口腔洗浄器だけでは取りきれてない歯のカスがあることに気がついたので、たまにはデンタルフロスを使うことにしたのです。

んで、今回値段をケチってみて、持つ部分のない“糸だけ”のデンタルフロスを購入し使ってみたのですが、難しい・・・ということに悩まされております。

デンタルフロスの種類

デンタルフロスは3種類あって、

  • F字型
  • Y字型
  • ロールタイプ

になります。私が今回購入したのがロールタイプのものになります。

クリニカのコレなのです。

フロスのロールタイプの使い方

1回の使用分は40cmくらいなので、それくらいを取りプチっと切ります。んで、左右の中指に2〜3回巻きつけ、外れないようにして歯の間に入れ、動かしてカスをとるだけです。

とるだけなのですが・・・めちゃ難しいんです。こんなにも難しいと思いませんでした。

このご時世はとっても便利なので、ユーチューブにフロスの使い方の動画がたっぷりありました。参考になったものをいくつか載せていきます。

奥歯を磨くのが超難しいんですよね。動画にあるように、紐の端と端とつなげて輪っかみたいにする(サークル法)と磨きやすくはなりました。けど、なかなか抜けないときに困るので、やはり一長一短・・・。

おわりに

口腔洗浄器はすっごく便利なのですが、たまにはフロスを使ったほうがいい気がするなーと言うのが私の感想になります。んで、ロールタイプのフロスはやすのですが、慣れるまでめちゃんこ大変になります。

ロールタイプを使い始めて5日目なのですが、ようやくコツを掴んできた感じです。んでも、上達しないようであれば、少々高くてもY字型のフロスにしようと思います。(時間がかかるのが嫌なのです〜)

Y字型のデンタルフロスでオススメなのがガム製品です。なぜかというと、コレが一番耐久力があるからです。私は結構歯がぎっしりとしているので、安物だとブチブチ切れてしまい1度に2〜3個使ってしまうのです。

でもコレは切れることなく数回使えます。と言うことでガム製品を愛用しておりました。

スポンサーリンク

コメント