大人より子供の方が腸内細菌の種類を増やしやすいらしいぞー

腸内細菌 子ども 腸内細菌
スポンサーリンク

現代人は昔の人と比べて、腸内細菌の種類も数も少ないのは有名な話。腸内細菌の減少が体に様々な不調を与えていると言われています。

 

だったら「腸内細菌を増やしたい!」と考えるのは当然のこと。しかし、腸内細菌の多様性は子どもの頃に決定するなんて言われています。(子どもの頃に菌の選別を完了させていると考えられる)

 

さてさて、実際のところどうなのよっていうことなのですが、昔ながらの生活をしている人たちのところに赴き、現地の生活をしてみたという研究がありました。この研究結果やいかに!

Changes in the Gut Microbiota of Urban Subjects during an Immersion in the Traditional Diet and Lifestyle of a Rainforest Village
People living traditional lifestyles have higher gut microbiota diversity than urban subjects. We hypothesized that shifting lifestyles from an urban environmen...
スポンサーリンク

大人の腸内細菌の種類は変化していなかった

都会に住む大人5人と子ども2人がベネズエラの田舎の村に16日間滞在しました。その前後で菌を調べました。(サンプル数が少ないのでデータとしては微妙になります。)

 

滞在中は、食物繊維をたっぷり食べ、動物性タンパク質が少ない食生活を送っていました。もちろんのこと加工食品は食べておりません。

 

その結果・・・大人の腸内細菌の種類は変わっていないことが分かりました^^;

 

しかし、子どもの腸内細菌の種類は増加していたことが分かったのです!(子どもの年齢は4歳と7歳)

 

大人になると何かと拒絶傾向が高くなりますが、まさか腸内細菌までも^^;子どもって本当に可能性に満ち溢れていますねぇ。

 

「幼児教育は大切だぞー」なんて言われておりますが、「子どものうちにたっぷりと食物繊維を食べさせるのは大事だぞー」とも今後叫ばれるそうになるかもしれません。というか、食物繊維は食べた方がいいですぞー!

 

ということで、腸活は早ければ早い方がいいですぞっと!

スポンサーリンク

コメント