プロテインの種類と選び方!ホエイ・カゼイン・ソイの違いってなに?

スポンサーリンク

「プロテインってたくさん種類があってどれを選んだらいいのかわからない・・・」

筋トレを始めたてのころ、プロテインを摂取してみようと思ってスポーツオーソリティーに行ったのですが、種類が多すぎてどれを選んでいいかわからなかった思い出があります。
ということで今回の記事ではプロテインの種類と、その目的別の使用方法についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

プロテインの種類と選び方

では、早速プロテインの種類についてみていきましょう。プロテインは大きく分けて3種類あります。

  1. ホエイプロテイン
  2. カゼインプロテイン
  3. ソイプロテイン

それぞれのメリット・デメリットがあるので目的に応じて使い分けることが大切です。
ではそれぞれ見ていきましょう。

ホエイプロテイン

ホエイプロテインは最も人気のあるプロテインで、一般的にトレーニングをする人が言うプロテインのことはホエイプロテインです。
ホエイプロテインの特徴としては『タンパク質の含有率が高い』ことと、『吸収が早いので、トレーニングをしている人から人気があります。

だから、「筋肉を増やしたい」と考えているならばホエイプロテインがベストでしょう。
お金に余裕があるならば少し高いですが、ダルビッシュ投手がオススメしているプロテインや、GACKTさんが愛用しているHMBなんかを購入してみてもいいと思います。

カゼインプロテイン

カゼインプロテインホエイプロテインと同様に牛乳を原料として作られすが、特徴はホエイプロテインと大きく違って『体にゆっくりと吸収』されます。
だからカゼインプロテインを摂取すると満腹感が長続きするのでダイエットに効果的です。

しかし、ホエイプロテインに比べてゆっくりと吸収されるので、筋肉の肥大にはあまり適していないといえるでしょう。
睡眠中にゆっくりと筋肉に栄養与えたいと考える人は、トレーニング直後にはホエイプロイン、就寝前にはカゼインプロテインと使い分ける人もいます。

デメリットとしては、ホエイプロテインに比べて水に溶けにくいので、慣れるまでは少し飲みにくいと感じることも多いかもしれません。

スポンサーリンク

ソイプロテイン

ソイプロテインはホエイプロテイやカゼインプロテインと違って『大豆』を原料として作られています。
特徴としては、植物性のタンパク質やイソフラボンを多く含んでいます。

イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをするので、美肌効果やバストアップが期待されています。
ですから女性に人気のプロテインと言えるでしょう。

タンパク質不足は体に良くないのですか、筋肉がないとダイエットもできないので、タンパク質が不足している女性はソイプロテインを試してみてもいいと思います。
また、何らかの理由から動物性タンパク質を取らない人にとってもお勧めできるプロテインですね。

それとソイプロテインはイソフラボンが女性ホルモンのような働きをするので、男性は大量に摂取するのは危険かもしれません(女性にも言えることですが)。
大量に飲み続けた場合の影響は分かっていないので、その辺はちょっと不安なプロテインなんですよね

と言っても、『大量』でなければ大丈夫だと思います。
そもそもどんなプロテインも必要量以上を摂取しようとすると、内臓に負担をかけてしまうので、タンパク質の適正量は把握しておきましょう。(トレーニングをしない人ならば一日のタンパク質の推奨摂取量は、体重1kgあたり1gです。)

ピープロテイン

ソイプロテイン同様、植物性のタンパク質を原料としたプロテインのことで、原料はなんと『えんどう豆』。
これはあんまりメリットを感じないプロテインです笑。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?今回の記事ではプロテインの種類について書いてきました。
特にこだわりがないのであれば、『ホエイプロテイン』でいいのではないかと思います。

ただしホエイプロテインといっても値段は様々。ゴリゴリのマッチョを目指していないのであれば、安いホエイプロテインでいいのではないかと私は思います。
筋肉をつけたいのであれば、大切なことはプロテインを継続的に摂取し、タンパク質が足りない状況にしないことです。

無理して高いプロテインを購入しても定期的に飲むのであれば、結構金銭的にダメージがありますからね・・・それでプロテインを飲むのをやめてしまうくらいなら、安いやつで十分だと思います。

また、味の好き嫌いなどもあるので、『これが絶対いい!』と決まるまでは、いろいろなプロテインを試してみると良いと思います。
人の体は合う合わないがありますから。

例えば、ホエイプロテインが筋肉の肥大にいいと聞いて飲んでみても、お腹を下したりすると意味ありませんからね。
自分の体質にあうプロテインを探すべきです。それと、プロテインはあくまで補助食品。

何度も言っていますが、大切なことはちゃんと食事から栄養を摂取すること、そしてしっかりとした睡眠をとることがあ大切です。
本日も最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございました。

ちなみに、私はプロテインは牛乳ではなくて水で溶かす派です。
理由が気になる方は過去記事を読んでみてください⇨プロテインは水と牛乳のどちらで割る方が良いのか!?私が水派の理由。

スポンサーリンク

コメントを残す