ウイルスにアルコール消毒は効く?→外膜の有無によって効果が変わる

ウイルス アルコール消毒 効く 予防
スポンサーリンク

細菌にはアルコール消毒は有効だけれど、ウイルスにもアルコール消毒って有効なのかな?

そんな疑問に答えます。

結論から言いますと、アルコールに強いウイルスと弱いウイルスがいるので、「アルコールはウイルスに効く!」と一概には言えません。

以下では具体的に、どのウイルスにアルコールが有効かどうかを書いていきます。このページは健栄製薬さんのサイトを参考にしています。

ウイルス|各種微生物に対する消毒薬の選び方 | 健栄製薬
感染対策・手洗い・手指衛生の消毒用エタノールのトップメーカー健栄製薬のウェブサイトです。健栄製薬の各種微生物に対する消毒薬の選び方(ウイルス)をご覧いただけます。私たちは、薬局向全国一のシェアで多くの方々へ「価値ある薬づくり」をスローガンに人々の健康で豊かな生活に貢献してまいります。
スポンサーリンク

外膜の有無によってアルコール抵抗性が決まる

ウイルスにエンベロープと呼ばれる外膜があるかどうかで、アルコール消毒が有効かどうかが決まります。

  • エンベロープがある→アルコール消毒が効く
  • エンベロープがない→アルコール消毒が効きづらい

ですから、エンベロープがないウイルスの場合、より長時間のアルコールの接触が必要になります。

たとえば、ノロウイルスの消毒では30秒間、A型肝炎ウイルスの消毒では1分間の接触が必要である。

健栄製薬さんの図が分かりやすいので転載します。

ウイルスのアルコール抵抗性の強さ

エンベロープがあるインフルエンザウイルスにはアルコール消毒は有効になります!

と言うことで、流行りやすいウイルスによってアルコール消毒の戦術を変えていきましょう。それでは!

コメント