ジャロ‐ドフィラスEPSを牛乳にいれたら無事ヨーグルトができました!

ジャロ‐ドフィラスEPSからヨーグルトができた 食べ物
スポンサーリンク

私が普段飲んでいるプロバイオティクスサプリメント『Jarrow Formulas, ジャロ‐ドフィラスEPS』を牛乳にいれてヨーグルトメーカーにかけてみました。

すると、バッチリヨーグルトができました!!

“生菌”ということに間違いはないようです!

スポンサーリンク

ジャロ‐ドフィラスEPSからヨーグルトを作る方法

1カプセルを1リットルの牛乳にぽちゃんと落とし、ヨーグルトメーカーで発酵させること12時間。まじでヨーグルトになってました!

今までは明治ブルガリアヨーグルトをヨーグルトメーカーで無限増殖させていたのですが、3ヶ月ほどジャロ‐ドフィラスEPSから作成したヨーグルトを食べ続けました。

菌が変わったから腸内環境に変化でるかなー?と思ったのですが、全然出ませんでした。結論からしたら、明治ブルガリアヨーグルトでもジャロ‐ドフィラスEPSでも、どっちでもいい感じです。

豆乳ヨーグルトも作ってみたい

私はまだ作ってないのですが、ジャロ‐ドフィラスEPSを豆乳に入れると豆乳ヨーグルトができるみたいなんですね。

なんでもジャロ‐ドフィラスEPSに入っているラクトバチルスプランタルムは、漬物などに含まれる植物由来の乳酸菌なので、豆乳も発酵できちゃうのだとか。

豆乳を飲む習慣は全然なかったのですが、今度作ってみようかと思っています〜。

*参考

おわりに

ジャロ‐ドフィラスEPSって常温保存可能だから、「まじでこのカプセルに入ってる菌って生きてるの?」と疑問に思い、半信半疑から試してみたのですが本当にヨーグルトが作れました笑

いやー、菌ってすごいですね〜。

*腸内細菌関連記事

スポンサーリンク

コメント