1日2食(朝食抜き)の8時間ダイエットは本当に太れなくなる件

1日2食(朝食抜き)の8時間ダイエットは本当に太れなくなる件 食べ物
スポンサーリンク

2018年の目標は体重を5 kg アップさせて73 Kgなることなのですが、その目標に全然届きそうにありません笑

なんなら少し痩せてしまいました・・・。健康的に太るっていうのは本当に難しいことなんだなーと痛感しております。

ということで今回の記事は、「こんな生活したら太るの難しいよー」という話と「太るために生活を変えること」について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

朝食を抜いて全ての食事を8時間以内にしたら痩せる!

私は朝食を抜いて、“1日のうち8時間だけ好きなものを食べる”ようにしており、残りの16時間は何も口にしないという生活習慣にしています。

「なぜそんなことをしているのか?」と言うと、

  • 仕事に集中するため
  • 内臓を休めるため

の二つの理由になります。基本的に現代人は食べ過ぎですので、食事回数を減らすことで、内臓の負担を減らすことができますし、その分時間も余るし、消化に使うエネルギーも減るので、仕事に集中することができます。

また、これはダイエットのテクニックとしては有名なもので、朝食を抜きさえすれば簡単にこれを実践することができます。(8時間ダイエットなんて呼ばれたりもしています。)

朝食ではなく夕食を抜いてもいいのですが、お腹がすいたら寝れないと思うので、朝食抜きがおすすめになります。

覚えておくことは、とりあえず1日のうち16時間は何も口にしないということです。(女性はホルモンの関係があるので、13から14時間でも大丈夫なようです)

口にしない時間でも、水分は取っても大丈夫です。と言っても砂糖が入っているジュースなどはダメです。お茶やコーヒーや水だけにしてください。

そして断食タイムが終わった8時間はたくさん食べても大丈夫です。私の場合は朝食に食べていたものをお昼に詰め込んだので、カロリー的には何も変わっています。

むしろ8時間の間はたくさん食べていたので、一日三食の時より総カロリー数は多いと思います。しかし、痩せました笑

ということでダイエットを目的としている方は、“8時間だけ食べてOKダイエット”はとてもおすすめになります〜。

私は太りたいので1日3食に戻します

私の目的は健康的に体重を増加させることなので、1日3食に戻そうと思います。ダイエットする目的は全然なかったのですが、1日2食にすると本当に仕事がはかどるので、この方法を取り入れていました。(お相撲さんは朝食抜きと聞いたこともあるので、「あわよくば太らないかなー」、という気持ちもありました。)

食べる時間も節約できるし、食器を洗う時間も節約できますし、食べ物を消化するためのエネルギーの節約もできるので、体が活動的になるんですよね〜。

しかし、数ヶ月続けてみて、体を大きくする目標には、残念ながらこの食事法が不向きだということがわかりました(´・ω・)

まとめ

  • 8時間だけ食べていい食事法は、まじでダイエットできる!
  • でも、体を大きくしたい人には不向き

今回の記事も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメント