肉・バターはグラスフェッド(牧草飼育)を選び、グレインフェッド(穀物飼育)を避けるべき理由

健康のためには グラスフェッド! 食べ物
スポンサーリンク

健康意識が高い系の人に人気のあるグラスフェッド(牧草飼育)のお肉やバター。

『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』でグラスフェッドが健康に良いということがかなり広まりましたね。

ということで、今回の記事ではグラスフェッド飼育の牛さんについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

グラスフェッドとグレインフェッドの違い

グラスフェッドとは、grass(牧草)、fed(えさ)のことなので、牧草で飼育された牛さんのことを指します。
これに対してグラインフェッドは、grein(穀物)なので、トウモロコシや大豆などの穀物で飼育された牛さんのことです。

牛さんは食べるものによって、味も栄養価も変わってくるんですね。

グラスフェッドは体に良いの?

そもそもの話なんですが、牧草で育った牛肉やバターは体に良いのか?

この疑問にお答えすると、『体に良い』とされています。
1つの理由としては、そもそも牛は牧草を食べて大きくなる動物だからです。

また、穀物飼育だと「ちゃんとした穀物を食べさせてるの?」という疑問が残ってくるんですね。
残飯処理的なことを牛さんにさせている可能性が拭えないのです。
それに遺伝子組み換えの穀物をたくさん与えられていたりするんですね。

ニュージーランドでは安全性の面から穀物の輸入を禁止し、グラスフェッドビーフのみを飼育しています。
そしてこのような安全性の動きが徐々に広がり、今ではフランスなどでも飼育されるようになってきています。

グラスフェッドがオススメされる理由

それではグラスフェッドがオススメされている理由を以下に書いていきます。

  • 自然環境で自由に動き回ってストレスフリーで育つので、高たんぱく質、低カロリー
  • 人工的に作られた飼料を食べないので、安全性が高い
  • オメガ3脂肪酸が多く含まれている

とまあこんな感じになります。

簡単に言ってしまうとグラスフェッドの牛さんはグレインフェッドの牛さんに比べて、良質なタンパク質、良質な脂質、良質なオメガ3が含まれているということです(`・ω・´)”

特にオメガ3脂肪酸は血流の改善、コレステロール値の低下、免疫力向上、脳機能に影響などなどに関係してくる必須脂肪酸なので、積極的に摂取したいものなんですね。
通常の食事をしていれば、オメガ6脂肪酸過多になっているので、オメガ3脂肪酸を取ってバランスを整えるべきなのです。

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の推奨摂取割合は1:4なのですが、欧米化された食生活では1:10とも言われています((((;゜Д゜)))
ちなみにグラスフェッドの牛さんのオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の割合は2:1なので、不足しがちなオメガ3脂肪酸を補うことができるのです。

グラスフェッドバターとは?

グラスフェッドバターとは、グラスフェッドで飼育された牛さんから搾乳したミルク飲みで作ったバターのことになります。

これもグレインフェッドで飼育された牛さんのバターよりも、安全性と栄養価が高いです。
『シリコンバレー式 最強の食事』で有名になったバターコーヒーのバターは、グラスフェッドの牛さんから作られたバターになります。

ギーとは?

バターついでにギーにも触れておきます。

ギーとは、バターから水分、糖分、タンパク質などを取り除き、より純粋な油にしたものです。
不純物が含まれていないためバターよりも腐敗しにくく、長期間の保存に適しており、インドやアジアで古くから作られていました。

バターと決定的に違うのが、短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸の含有量になります。

バターは長鎖脂肪酸が多いのに対し、ギーは短鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸が多いので、エネルギーになりやすく体に溜まりづらい脂質なので、健康食品としてバターよりも注目されています。

まとめ

いかがだったでしょうか?
この記事では『グラスフェッド飼育の牛さん』について書いてきました。

グラスフェッド飼育の牛さんのお肉やバターを買うなら、ほとんどが外国産になってしまいます。
というのもコストの面で、日本の生産者が少ないのです(´・ω・)

牛さんがほとんど動けない環境で、穀物をたくさん与えて、どんどん太らせる飼育方法が効率的ですからね・・・。
お金儲けを考えるなら、生まれてから出荷までのサイクルを早くすることが何よりも優先なのです。

それと、グラスフェッド飼育の牛さんは、赤味が多く固いため、日本人の好みに合わないということもあります。(外国の方は赤味が好きで、脂身が嫌いだったりします。)

日本のスーパーでよくみるオーストラリアの牛肉は、牧草で育てられた後、穀物を与えて日本人の好みに合わせて柔らかくし、脂肪分を増やしていたりします。(牛さんがどう育てられたかを完璧に把握しようと思えば、農家を直接尋ねるしかありません・゜・(ノД`))

グラスフェッドのお肉を手に入れるのはなかなかお値段が張ってしまいますが、バターは保存も効くのでまぁまぁの値段で手に入れることができます。
ということで、健康を意識するのであれば、まずはグラスフェッドのバターから購入することをオススメします!

スポンサーリンク

コメント