デンタルフロスを1年間使ったのでオススメを紹介!【REACH(リーチ)】

デンタルフロス お勧め 予防
スポンサーリンク

デンタルフロスってどんなの使えばいいのだろう?

そんな疑問に答えます。

結論から言いますと、『リーチデンタルフロス』がオススメです。

以下ではその理由について書いていきます。

スポンサーリンク

デンタルフロス『リーチ』をお勧めする理由

それでは早速、お勧めする理由について書いていきます。

1:糸の太さが絶妙→ほつれづらい

製品によってデンタルフロスの糸の太さは様々でして、太さによってメリット・デメリットがあります。

  • 太い→しっかり汚れが取れるけれど、歯並びによっては使いづらい
  • 細い→歯の隙間にサクサク入るけれど、汚れの落ち具合は微妙かも

これは歯並び次第なところがありますが、リーチの糸の太さは細めなので万人ウケしそうな気がします🤔また細めなので歯に引っかかることもあまりなく、ほつれづらいです。

2:水を吸わないタイプの糸→ほつれづらい

糸の種類も様々です。

  • 水を吸うタイプ→糸が膨らむので歯茎の汚れを優しく落とす(気がする)
  • 水を吸わないタイプ→糸が膨らまない

リーチの糸は水を吸わないタイプです。よって膨らみません。膨らむと、これまた歯に引っかかりやすくなり、ほつれのもとです🤢

3:糸がほつれて歯の間に残ると汚れがたまる

私がリーチをお勧めする理由は結局のところ、ただ1つです。

 

糸がほつれづらい

 

からです。

糸がほつれて細かな繊維が歯の間に残ることがあります。そうなると汚れも吸着しやすくなってしまいます😱虫歯予防のためデンタルフロスを使っているのに、汚れの元になるのは避けたいところ。

 

また私の経験談ですが、糸くずが歯茎に溜まることがあります・・・。歯茎が腫れて膿が出るようになったことがあるんですね。痛いなーと思いながら、数日間かけて膿出しをしていたら、糸くずが丸まったものが歯茎から出てきました😱これには驚きましたね。

そしてこれが2回ほどありました。それからはほつれやすいタイプのデンタルフロスとはおさらばしました。(私のデンタルフロスの使い方が悪いこともあるのでしょうけれど)

リーチに変えてからはそういった問題には悩まされていません👍

デンタルフロスと科学的根拠

ここからデンタルフロスの科学的根拠について少し触れたいと思います。

1:デンタルフロスの効果は科学的に証明されていない

実を言うと・・・デンタルフロスの効果は科学的には証明されていません。

808名を対象とした研究によりますと、

 

「自分でやるフロッシングに歯の側面の虫歯リスクが減るという根拠はない!」

 

とのことです。

それどころか、歯茎にダメージを与える恐れがあるのですね🤢

2:科学的根拠がないけれどデンタルフロスを使う理由

  • デンタルフロスの効果はよく分からない!
  • 下手したら歯茎にダメージを与えちゃう!

という感じでして、もしかしたらデンタルフロスを使わない方がいいのでは?と言う気さえしてきます。それでも私はデンタルフロスを使い続けています。その理由は・・・

 

自分の歯磨きの腕に自信がないから

 

です。

歯磨きをしっかりしたつもりでも歯科検診で虫歯が見つかったり・・・。歯磨きをしっかりしたつもりで、そのあとデンタルフロスを使ったら、カスが出てきたり・・・😱

歯の磨き方がうまい人は歯ブラシだけでOKかもしれません。私は自信がないので、歯磨きにプラスしてフロスをちょこっとやるようにしています。

デンタルフロスの科学的根拠も弱いということで、デンタルフロスを使う上で大切な考えになるのが、

 

歯茎を傷つけないように!

 

ということですね。

デンタルフロスの効果の科学的根拠がない以上、歯茎に触れるほどデンタルフロスで攻めなくていいと思います。

3:歯に大切なことは食事!

歯磨きやデンタルフロス以上に歯のトラブル予防で大切なことがあります。それが食事です。

  • 加工食品
  • ジュース

などは、砂糖たっぷりですし、口の中を酸性に傾ける力があります。歯のトラブルを予防したければ、

 

健康的な食事を!

 

と言うことなのですね😇

食べ物関連本30冊を読んで分かった太らない食事術【まとめ】

おわりに:フロスに慣れたらノーワックスタイプがいいらしい

余談がてら書きます。

フロスにはワックスタイプとノーワックスタイプがありますが、フロスの使い方に慣れたらノーワックスタイプの方がいいみたいです。なぜなら、

 

ノーワックスタイプの方が汚れが綺麗に取れるから

 

です。

ただ私はノーワックスタイプからワックスタイプに戻りました。ワックスタイプの方が使いやすいからです😇

デンタルフロスはワックスタイプを使うとかノーワックスタイプを使うとかよりも、『使うこと』の方がはるかに大切だと思ってますので、使いやすいワックスタイプを選んでいます。(先に書きましたが、そもそもデンタルフロスの効果って・・・みたいなこともありますし🤔)

それでは!

コメント