【洗浄液選び】コンタクトレンズ使用歴10年以上の私が選ぶオススメ1選

オススメ コンタクトレンズ洗浄液予防
スポンサーリンク

ソフトコンタクトレンズの洗浄液でいいのってあるかなぁ?

そんな疑問に答えます。

10年以上のコンタクトレンズユーザーですが、9年間ほど愛用しているコンタクトレンズの洗浄液があります。

 

一度使ったら他の洗浄液に戻れない!!

 

それくらいに素晴らしい洗浄液かと思います。

そのコンタクトレンズ洗浄液とは・・・

 

AOセプトクリアケア

 

になります。

以下ではAOセプトクリアケアのメリット・デメリットについて書いていきます。

スポンサーリンク

オススメ洗浄液『AOセプトクリアケア』のメリット

以下にAOセプトクリアケアのメリットについて書いていきます。

メリット1:指でこすらなくていい

AOセプトクリアケアは指でこすらなくていいです。過酸化水素水で消毒し、それを6時間ほどかけて中和していくことでコンタクトレンズを綺麗にしていく仕組みになります。つまり、

 

洗浄液につけるだけでOK

 

ということです。

指でこするあの煩わしさから解放されます😇

AOセプトクリアケアを使うまでは、「あー、洗うのめんどくさい!洗浄液につけるだけでいいや!」という日が何度もありました。経験者なら分かるはずですが、これだと全然綺麗にならないんです😱

AOセプトクリアケアは、

  • 指の擦りも不要
  • 中和剤の添加も不要

1本で洗浄・消毒・中和・保存ができる素晴らしい洗浄液になります😆

使い方についてはこちらの動画を参考にしてください↓

ソフトコンタクトレンズのケア(クリアケアAOセプト編)

メリット2:めちゃめちゃ綺麗になる

指でこすらないでいいどころか、指でこするよりもコンタクトレンズは綺麗になります。極端に言ってしまえば、

 

新品同様のつけ心地

 

を感じることができます。

洗浄後、コンタクトレンズを光にかざして見てみてください。指こすり洗浄派の人は驚くはずです。

メリット3:指でこすらないからコンタクトレンズに傷がつかない

指でこすっていると爪があたり、コンタクトレンズに傷が入ることもあります。そうなるとつけ心地も悪くなりますし、運が悪ければ新品のコンタクトレンズを使用した初日で破けたりもします。

AOセプトクリアケアですと、そんなことはありません😆

メリット4:眼の病気を予防できる

  • コンタクトレンズをきちんと洗わない
  • 傷がついたコンタクトレンズを使用する

などをすると眼の病気に繋がります。ですから、コンタクトレンズは、きちんと洗浄することは必須で、なおかつ洗浄時に傷をつけないようにしないといけません。

『きちんと洗浄する&傷をつけない』というのは矛盾しそうなことです。綺麗に洗浄するためにはしっかりとこすらないといけませんからね。

その矛盾を解消してくれるのがAOセプトクリアケアなのです!

ちなみに私、コンタクトレンズを10年以上使っていますが、一度も眼の病気になったことありません。ズボラな私が眼のトラブルに遭遇してないのはAOセプトクリアケアのおかげだと思っています。

AOセプトクリアケアのデメリット

メリットを書いてきましたが、ここからはデメリットについて書いていきます。

デメリット1:洗浄・中和に6時間はかかる

過酸化水素を中和するのに6時間ほどはかかってしまいます。ですから、「とりあえず軽く洗浄して、つけなおしたい!」という使い方はできません😅

(普通の洗浄液ですと、4時間以上のつけおきが推奨されています)

デメリット2:冬だと中和により時間がかかる

冬だと中和にさらに時間がかかる気がします・・・。中和が完了せずにコンタクトレンズをつけると、

 

眼に激痛

 

が走りますので、冬は8時間以上は放置しています。

8時間以内につけたい場合は、ぬるま湯につけて温度を上げ、中和反応を加速させることもあります。(これは自己責任で)

温で消毒・中和を行ってください。低温下(10℃以下)で消毒した場合は、中和完了に6時間以上かかる場合があります。冬場は、なるべく暖かい部屋で消毒・中和を行ってください。引用:https://alcon-contact.jp/products/lenscare/aosept-clearcare/howto/

デメリット3:少しだけ高い

他のコンタクトレンズ洗浄液より、少しばかりAOセプトクリアケアの方が高いです。(どこで買うかによりますけれど)

また、こすり洗いタイプですと自分の加減で使用量をコントロールすることができます。(たくさん使ってしっかり洗った方がいいのですが、多くの人はケチって使用量を少しにするはずです)

しかし、AOセプトクリアケアは絶対に一定量を使う必要があり、使用液量をコントローすることができません。

デメリット4:容器を倒すと液漏れする

中和反応で発生する気体を逃がすために、容器上部には小さな穴が空いています。そのため、容器を倒すとそこから液が漏れてしまいます😱つまり、

 

旅行などでの持ち運びに困る

 

というデメリットがあります。

容器をしっかりと固定しなければいけませんので、それを考えるのがちょっとだけ手間ですね・・・。

おわりに:総合評価でトップなのがAOセプトクリアケア

今までいろいろとコンタクトレンズ洗浄液を試してきましたが、総合点でダントツで高いのがAOセプトクリアケアです。

  • こすらなくていい
  • 洗浄力が高い
  • 手間がかからない

と、コンタクトレンズの洗浄に関する悩みを一気に解決してくれます。

コンタクトレンズデビュー当初からこの洗浄液を使っていれば・・・眼のゴロゴロ感もかなり軽減できていたのではないかと思います。それでは!

コメント