モリブデン(Mo)の機能と効果は?多く含まれる食品についてご紹介

スポンサーリンク

「体に必要なモリブデン(Mo)とは何なのか?」
このような基本的な問いに立ち返って、体を管理していくことは大切だと思っています。
ということで、今回の記事では『モリブデン』について詳しく書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

モリブデンってなに?

高校で化学を習ったことがある人ならばモリブデンの名前を聞いたことがある人も多いはずです。
原子番号42番で、元素記号はMo、クロム族元素の1つですね。
体内には約9.3mgのモリブデンが存在しており、特に肝臓や腎臓、副腎に多く含まれています。

モリブデンの機能

モリブデンは、

  • キサンチンオキシダーゼ
  • アルデヒドオキシダーゼ
  • 亜硫酸オキシダーゼ

の補酵素として機能しています。
モリブデンは、細胞内に溜まるゴミなどの除去に関与しており、最終老廃物である尿酸の合成に深く関わっています。

モリブデンの消化と吸収

食品からのモリブデンの吸収率は93%と推定されています。
またモリブデンは尿からの排泄によって調節されていると考えられています。

モリブデンが不足すると

通常の食事をしていれば、モリブデンが不足することはほとんどありません。
また、モリブデンの不足がどのような症状をもたらすかは明らかになっていません。

厚生労働省が推奨しているモリブデンの1日の推奨摂取量は成人男性で25μgで、成人男性で20μgになっています。

モリブデンの推奨摂取量

表は記事下の参考元をご確認ください。

モリブデンを過剰に摂取すると・・・

モリブデンの過剰摂取による症状は、研究が少なくまだ明らかになっていません。

モリブデンを多く含む食品

「モリブデンってどんな食品に多く含まれてるの?」という疑問にお答えして、以下にモリブデンを多く含む食品をあげておきます。
文部科学省の食品成分データベースを参考にしています⇨食品成分データベース

食品名 100gあたりのμg
米ぬか 65
そば粉 77
玄米 64
さつまいも
黒砂糖
糸引き納豆 290
あずき 210
乾燥舞茸
ごま 92
エゴマ 48
カシューナッツ 30
アーモンド 29
あさり
枝豆 240
乾燥イチゴ 76
焼き海苔 220
豚レバー 120
牛レバー 94
豚レバー 82
全卵

モリブデンは穀物や豆系にたくさん含まれています。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回の記事では『モリブデン』について書いてきました。
簡単にモリブデンのことを覚えるとしたならば、

  • 老廃物の代謝に関与
  • 穀物や豆系に多く含まれる

になります。

今回の記事も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

  • 参考にしたサイト⇨日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」 報告書 微量ミネラル
  • 参考にした本→ホートン生化学
スポンサーリンク

コメントを残す