ナトリウム(Na)の機能と効果は?多く含まれる食品についてご紹介

スポンサーリンク

「体に必要なナトリウム(Na)とは何なのか?」
このような基本的な問いに立ち返って、体を管理していくことは大切だと思っています。
ということで、今回の記事では『ナトリウム』について詳しく書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ナトリウムってなに?

高校で化学を習ったことがある人ならばお馴染みのナトリウム。
原子番号11番で、元素記号はNaのアルカリ金属元素の1つのことですね。

ナトリウムの機能

ナトリウムは体液のうち、細胞の外にある『細胞外液』の主要な成分になります。
細胞外液では陽イオン(Na+)で存在し、細胞外液量を維持しています。
ナトリウムは生体内で以下のような働きをします。

  • 浸透圧の調整
  • 酸塩基平衡の維持
  • 活動電位の働き

ナトリウムは特にカリウムとの関係性が重要で、ナトリウムとカリウムが相互作用して神経伝達をスムーズに行なっています。
ナトリウムを取りすぎると高血圧やむくみの原因となりますが、不足すると神経痛などの神経異常をきたします。
ただし、現代の食生活をしていれば、ナトリウムの摂取量は十分すぎるほどなので、意識して摂取する必要はありません。

ナトリウムの消化と吸収

食事から摂取されたナトリウムは大部分が小腸で吸収されます。

ナトリウムが不足すると

ナトリウムが不足することはほとんどありませんが、発熱などで下痢や嘔吐が起こり、欠乏すると以下のような症状が出ます。

  • 錯乱
  • 昏睡
  • 痙攣
  • 食欲不振
  • 筋肉痛
  • 吐き気

などの症状が出ます。
厚生労働省が推奨しているリンの1日の推奨摂取量は成人男性8000mg未満、成人女性で7000mg未満になります。

ナトリウムの推奨摂取量

画像は記事の一番下に示す、厚生労働省のサイトより引用しています。

ナトリウムを過剰に摂取すると・・・

塩分の取りすぎは体に良くない!ってよく聞きますよね。
そもそも塩を化学式で書くとNaCl(塩化ナトリウム)、つまり塩の中にNaは含まれているのです。
健康上、成人男性は1日の塩分摂取は6g〜8g未満がいいそうですよ!

塩分をたくさん取りすぎると、

  • 高血圧
  • 胃がん

などの病気になるので、塩分は控えめにしましょうね。
何にも気にしなく、普通の食事を摂取していたら、簡単に6g以上は摂取してしまうので(´・ω・)

ナトリウムから食塩の計算方法

お菓子などの成分表に『食塩』って書かれていたら、どれくらいの塩分を摂取しているのかがわかりますが、『ナトリウム』って書かれていると、どれくらいの食塩を摂取しているのかがわかりません。

でも、大丈夫です。
ちゃんとナトリウムからでも食塩を計算することができます。

『ナトリウム(g)×2.54=食塩相当量(g)』

となります。
「2.54という数字がどこから来るんだよ!」という方のために、ちょこっと説明します。

  • NaCl食塩)の分子量は58.5
  • Na(ナトリウム)の分子量は23
  • Cl(塩素)の分子量は35.5

ここから2.35という数字を出すことができます(`・ω・´)”
もし23gのナトリウムを摂取したとすると、いくらのNaClを摂取したことになるでしょうか?
分かりましたか?笑

ナトリウムを多く含む食品

「ナトリウムってどんな食品に多く含まれてるの?」

という疑問にお答えして、以下にナトリウムを多く含む食品をあげておきます。(食塩相当ではなく、ナトリウムの量を書いています)
文部科学省の食品成分データベースを参考にしています⇨食品成分データベース

食品名 100gあたりのmg
福神漬け 2100
しば漬け 1600
たくあん 1700
梅干し 8700
生卵 170
生ハム 2200
鳥の唐揚げ 1100
ナチュラルチーズ 1500
バター 750
さつまいも 36

加工食品になると、一気にナトリウム量が多くなります!
美味しいのですが、食べ過ぎは気をつけましょうね〜!!

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回の記事では『ナトリウム』について書いてきました。
簡単にナトリウムのことを覚えるとしたならば、

  • 細胞外液の主成分
  • 浸透圧に関与
  • 不足することがほとんどない

になります。

今回の記事も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

  • 参考にしたサイト⇨日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」 報告書 ミネラル
  • 参考にした本→ホートン生化学
スポンサーリンク

コメントを残す