紫外線透過率1%以下と0.1%以下の違いとは?

サングラス 紫外線透過率 予防
スポンサーリンク

サングラス購入前に知っておきたいことがあります。

それが、

「紫外線透過率がちゃんとあるかどうか?」

についてです。

「黒いサングラスだったらいいっしょー!」と思うかもしれませんが、それはちょっと注意が必要になります。きちんと紫外線対策処理をされているものを購入しましょう!

ということで、このページでは『紫外線透過率』について説明しています。

スポンサーリンク

紫外線透過率の数字が低いものほど紫外線を通さない

紫外線カット処理が施されているサングラスには、

  • 紫外線透過率1.0%以下
  • 紫外線透過率0.1%以下

とか書いてあります。

これ、どちらのほうが紫外線をカットするでしょうか?

1.0%の方は、紫外線の99%をカットするという意味です。

同様に0.1%の方は、紫外線を99.9%カットするという意味になります。

ぶたさん
ぶたさん

紫外線透過率1.0%と0.1%はどちらがいいの?

とりさん
とりさん

うーん、正直なところどっちでもいいと思うよ。1.0%でも0.1%でもかなり紫外線がカットされているからね。

サングラスを選ぶときは紫外線透過率をチェックしよう!

可視光線透過率と混同しないように

紫外線透過率と混同しがちなのが、『可視光線透過率』という表記です。

可視光線透過率は、0%に近い方が黒くなり、100%に近い方が透明になります。

ここで注意が必要でして、

黒いけど紫外線を透過するサングラスは危険

になります。

視界が黒くなると瞳が光を取り入れようとして瞳孔を開きます。瞳孔が開いた状態で、紫外線カット能力が低いサングラスを使用すると紫外線がガンガン目に入ることになります。

ぶたさん
ぶたさん

目の病気になりそう・・・。

とりさん
とりさん

そうなんだ。黒いサングラスを選ぶときは、紫外線カット能力が高いものを選んでね!

黒いサングラスを選ぶときは紫外線透過率の数字が低いものを選ぼう!

おわりに

オシャレサングラスの中には紫外線カットが弱いものがあります。それは目に悪いので避けましょう。

覚えておくことは、

紫外線透過率が5%以下のものを選ぶ

と思っておけば大丈夫かと思います。

今回の記事も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

*関連記事

スポンサーリンク

コメント