ロジャー・フェデラーが推しているOnのシューズが気になっている話

ロジャー・フェデラーが推しているOnのシューズが気になっている話ランニング
スポンサーリンク

ぼくがこよなく愛するスポーツ選手に、テニスのロジャー・フェデラー選手がいます。テニス界のレジェンドですね。まだ現役ですけれど。

 

さてさて、そんなフェデラーが宣伝しているシューズメーカーがあります。ユニクロの広告塔となった時は、10年間で300億円の契約を結んだと言われていましたが、このシューズメーカーではなんと0円。

スポンサーリンク

Onはスイスのシューズメーカー

Onはスイスのメーカーでして、スイスといえばフェデラーの出身国。だからフェデラーも0円で応援しているのですね。(宣伝する前から、Onのシューズを使っていたらしいです)

 

自身のインスタでも宣伝しております。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ONward, this will be a fun run 🏃‍♂️ 😃‼️

Roger Federer(@rogerfederer)がシェアした投稿 –

 

フェデラーファンとしてはOnのシューズが気になりまくりなのです。普段はベアフットシューズを使っているのですが、次からはOnのシューズに乗り換えるかも。

コスパ良しのベアフットランニングシューズを見つけた!

 

ただOnのシューズは結構いいお値段がするのですよ。

On は、2010年にスイスで誕生したランニングブランドです。最大の特徴は、着地のときにだけクッション性を生み出す初のクッショニングシステム、世界特許取得技術の「CloudTec® (クラウドテック)」システムです。CloudTec®と呼ばれるソールのチューブ状のパーツが、脚に加わる垂直方向と水平方向の衝撃を吸収します。衝撃を十分吸収した後、着地の衝撃で圧縮されたCloudTec®は反発性に優れたソールとして働き、脚の力を効率的に地面に伝えます。元プロトライアスロン選手であった創業者の一人オリヴィエ・ベルンハルドが、長年怪我に悩み続けてきた自身の経験から、チューリッヒ工科大学出身のエンジニアと共に革新的なランニングシューズの開発に着手したことから、On は生まれました。CloudTec® システムは、優れたクッショニング性能と高いランニング効率という、両立させることが難しい性質を融合させることにはじめて成功したことで、世界特許を取得しています。女子マラソン元世界記録保持者のテグラ・ロルーペや、リオ五輪トライアスロン女子銀メダリストのニコラ・スピリグ、アイアンマン・ハワイ2013優勝者のフレデリック・ヴァン・リルデなどをはじめ、世界レベルのトップアスリートから高い評価と支持を得ています。

クラウドテック技術というのが強みらしいですね。長距離を走る人にとっては試してみる価値があるかもしれません。

 

ということで、Onのシューズが気になってるよー、と言う話でした。それでは!

コメント