夜更かしすると腸内細菌が変化して太る?

夜更かしすると 腸内細菌環境が変わって太りやすくなる?
スポンサーリンク

前の『光と食事で体の体内時計をリセットしよう!時間栄養学が面白かったのでメモ』という記事で、時間栄養学のことを書きました。
その記事ではシフトワーカーは太りやすいということを書いたのですが、どうやらシフトワーカーであったり、飛行機に乗りまくって時差ボケをよく起こす人だったり、夜更かし好きの人の腸内細菌は変化して太りやすいらしいのです。

またしても腸内細菌が関与しているのですね〜。
今回の記事も前回の『アレルギーが治るかも?免疫を抑制するTレグ細胞と腸内細菌の関係』に引き続き、『腸内フローラ10の真実』から気になったことを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

時差ボケを起こしたマウスの腸内細菌

強制的に時差ボケを起こす環境でマウスを飼育しました。
睡眠のリズムをわざと乱した環境でマウスを飼育すること3ヶ月間。

実験開始時からマウスの糞を回収し腸内細菌を調べてみると、餌は同じでも腸内細菌のバランスが変わっていたのです!

バグテロイデーテス門が減る

マウスの腸内環境では、バクテロイデーテス門の腸内細菌が全体の44.6%から38.7%に減っていたのです。
このバクテロイデーテス門の腸内細菌が少ないのは、肥満の人に多い腸内環境の特徴なのです!

つまり食事だけでなく、睡眠の乱れが原因で太りやすい腸内環境に変わるということです。

これは人間でも当てはまることが研究で分かっています。
8時間の時差がある飛行機に搭乗する前、時差ボケ中、時差ボケ後2週間たったとの便を比較したところ、時差ボケ中の腸内細菌ではバクテロイデーテス門が明らかに減っていたのです。

高脂肪食でさらに減る

睡眠の乱れに合わせて、マウスの餌を高脂肪食にすると、なんとバクテロイデーテス門は全体の7.5%にまで減ってしまったのです!

まとめ

いかがだったでしょうか?
この記事では『夜更かしと腸内細菌の関係』について書いてきました。

食事だけでなく、生活リズムの乱れだけで腸内細菌環境が変わるのは、すごく興味深いことですよね。
そして生活リズムと不健康な食事が組み合わさったら、凄まじい影響を与えることも分かっています。

ということで、皆さん、生活リズムには気をつけましょう!
そしてシフトワーカーの方は、時間栄養学を参考にするのと同時に、食事にも気をつけてみてください。

今回の記事も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

サイト記事まとめ

記事がバラバラしてきたので、

一覧にしてまとめてみました。


1.体に必要な栄養とは何か?栄養に関する知識をまとめてみた


2.有酸素運動・筋トレ・ストレッチのやり方と効果のまとめ


3.腸内細菌環境を整えることこそ健康のためのファーストステップ


4.おすすめのサプリメントを紹介!くれぐれもライフスタイルに合ったものを選んでください


5.男の美容まとめ!化粧品の基礎知識を知って肌に優しいものを選ぼう!


6.あんた誰だよ?ということでプロフィールページになります


メルマガ始めました。

運動やら食事やら健康系に関する質問などはメルマガで答えていきますので、よければ登録してやってください。


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*