【リーキーガット】糖尿病患者は血液中に生きた腸内細菌がいる!?

リーキーガットになると 腸内細菌が血液中へ!?
スポンサーリンク

リーキー・ガットという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

日本語に直すと『漏れ出す腸』と言ったところでしょうか。
腸内細菌環境が崩れると腸のバリア機能が低下し、腸にある様々なものが血液中に入ってくるのです(´・ω・)

そんな中、糖尿病と腸内細菌の関係がわかってきています。
今回の記事も前回の『夜更かしすると腸内細菌が変化して太る?』に引き続き、『腸内フローラ10の真実』から気になったことを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

血液中に腸内細菌がいる

2014年、順天堂大学とヤクルト中央研究所の共同研究グループが、衝撃的な研究を発表しました。
『糖尿病患者の血液中に、生きた腸内細菌がいる』と。

知らない人はびっくりするかもしれませんが、食道から胃、腸、肛門にかけては『体外』になります。
「え?体内じゃないの?」と思うかもしれませんが、体外で皮膚とかと一緒なんですね。

よく考えてみると分かると思います。
口の中って体外ですよね?
だったら、食道も胃も腸も口と繋がっていますから、『体外』になるのです。

そう考えると、腸内細菌も体外のものです。
普通は体外にあるものが体内にあるのですから、これはなかなか衝撃的なことなのです。

「血液中からインフルエンザウイルスが見つかりました!」ってなると、その人は病気ですからね笑
血液中に生きた細菌がたくさんいることは『敗血症』といことで、臓器障害が起こり、死に至る病気です。

細菌感染症の全身に波及したもので非常に重篤な状態であり、無治療ではショック、DIC、多臓器不全などから早晩死に至る。元々の体力低下を背景としていることが多く、治療成績も決して良好ではない。引用:ウィキペディア 敗血症

ヤクルト中央研究所が開発したすごい機械(ごくわずかな最近でも検出できる)だと、糖尿病でない人も50人中2人の血液から生きた細菌が見つかりました。

ですが、糖尿病患者ではなんと50人中14人も血液中から細菌が見つかったのです。

腸の壁でブロックしているはずだけど

通常は腸の粘液層により長の壁はブロックされており、そこから細菌が血液中に侵入することはありません。
しかし、腸の粘液層が薄くなると、リーキー・ガットと呼ばれる状態になり、細菌が侵入してくるのです。

ちなみに腸の粘膜層を保っているのがアッカーマンシア・ムシニフィラという腸内細菌になります。
脂肪たっぷりの食事がが腸内細菌に与える影響』の記事でアッカーマンシア・ムシニフィラについて触れているので、ご参考にしてみてください。

糖尿病と炎症

一型糖尿病は遺伝的な問題で、二型糖尿病はすい臓から分泌されるインスリンの働きが悪くなるというイメージを持っている方も多いでしょう。
じゃあなんでインスリンの働きが悪くなるの?って話ですが、これは『全身の炎症』が原因だと考えられるようになってきています。

炎症というのは傷口が赤く腫れるような状態のことです。
腫れることで体に警報を発し、そこに免疫細胞が集まるようにして敵をやっつけるのですね。

糖尿病患者は全身の血管が弱い炎症状態になっていることがわかっています。
そうなると炎症を起こしている周囲の細胞はインスリンがうまく働かないため、それが原因で糖尿病になると考えられるようになっています。

LPSが炎症を引き起こす

じゃあなんで全身が炎症状態を起こしてるの?って話ですが、これにはLPSという物質が関係しています。

糖尿病患者の血液中はLPSの濃度が高いことが報告されています。
LPSは腸内細菌が作り出す副産物であり、これは体内にとって毒にあたります。

通常であればそのままLPSは排出されるのですが、腸のバリアが弱くなったリーキー・ガット状態ではLPSが腸から血液中に侵入するのです。

そして順天堂大学のグループの研究で、LPSだけでなく腸内細菌までもが血液中に侵入してくることがわかったのです。
そうなると体内の炎症も増えそうですよね?

動脈硬化にも関係

リーキー・ガットになると、糖尿病だけでなく動脈硬化にも関係があると言われています。
動脈硬化と聞けば、血管中にコレステロールが溜まっているというイメージがあるかもしれませんが、実を言うと血管に溜まっているものの大部分はコレステロールではなく、白血球の死骸なのです。

LPSが血液中に増えると、全身が炎症状態になります。
炎症状態になると、マクロファージを含む白血球たちが全身のパトロールをし出します。

そうなると悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールを食べて退治しますが、残念ながらマクロファージはコレステロールを消化することができないため、コレステロールをどんどん溜め込み、最後には死んでしまいます。

本来なら退治しなくてもよいLDLコレステロールを退治するのは、全身が炎症状態で白血球たちが活発に働いているからです。
これが全ての動脈硬化の話に繋がるわけではないし、まだまだ不明確なところはあるようですが、このように考えもあるんですね。

腸のバリアを高めるには?

腸のバリアを高める物質は、このサイトでもなんども紹介している『短鎖脂肪酸』になります。
そしてこの短鎖脂肪酸は腸内細菌が作り出すのでしたね。

腸壁の細胞は短鎖脂肪酸がエネルギー

なぜ短鎖脂肪酸が腸のバリアを高めるかというと、腸壁の細胞は短鎖脂肪酸をエネルギー源としているからです。
そのため腸内環境が乱れ、腸内細菌が作り出す短鎖脂肪酸の量が減ると、腸の細胞が弱くなってしまうということです。

短鎖脂肪酸を作るには?

どうやったら短鎖脂肪酸を作ることができるのでしょうか?
それは、腸内細菌に栄養を与えてあげることです。

腸内細菌の栄養源は『食物繊維』でしたね。

まとめ

いかがだったでしょうか?
糖尿病患者は血液中に腸内細菌がいるというのはなかなか驚くべき話ではなかったでしょうか?

もちろん全ての糖尿病患者の血液中に腸内細菌がいるわけでもないので、この話を全てに当てはめることはできません。
しかし、なかなか糖尿病と腸内細菌の関連性がある話なのではないかなぁと思います。

ここでもキーワードなってきた『短鎖脂肪酸』。
短鎖脂肪酸はTレグ細胞にも関与しており、Tレグ細胞は免疫を抑制する働きがありました。

炎症が起こると、活発に免疫細胞たちが動き出し、やたらめったら攻撃を仕掛けます。
だからLDLコレステロールにも攻撃をガンガン仕掛けるのでしょう。

こういうのを抑制するためにも、やっぱりTレグ細胞はやっぱり重要なんだなぁと思います。
ということで、しっかりと食物繊維を摂取しましょう(`・ω・´)”

今回の記事も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*