エアコンをつけたらPM2.5や黄砂は室内に入ってくるのか?大丈夫な理由

黄砂やPM2.5の季節にエアコンは大丈夫?
スポンサーリンク

PM2.5や黄砂が外気に漂う季節・・・。この季節にエアコンをつけても大丈夫なのでしょうか?
エアコンをつけると外の空気が室内に入ってくるからPM2.5や黄砂が心配・・・」と、そういう心配をするご家庭もあるようです。

PM2.5や黄砂に気をつけだすと、こういうところにも気になってきますよね。
でも安心してください。

エアコンをつけても外気は室内に入ってきません!
ということで今回の記事ではその理由を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

PM2.5や黄砂の季節でもエアコンをつけても大丈夫な理由

黄砂やPM2.5が外気にあってもエアコンをつけても大丈夫なのか!?

この質問にお答えするためには、まずは簡単な『エアコンの仕組み』を理解する必要があります。ということで簡単に学んでみましょう。

エアコンの仕組み

エアコンで涼しくなる理由は・・・『部屋の熱い空気だけを外に放出している』からです。
だからエアコンって外の空気を取り込んではいないんですね。

部屋の外にある室外機からすごく熱い空気が出てきているのは体感したことありますよね?
体感したことない人は、エアコンをつけて、今から室外機の風にあたってみてください。

部屋の中にある空気の温度を管理している』のがエアコンなんですよね。
ちなみに、部屋の中にある室内機のことをエアコンだと思っている人がいますが、エアコンとは部屋の中にある室内機と、部屋の外にある室外機を合わせてエアコンといいます。

エアコンの中にある熱交換器と言うものが部屋の熱を交換してくれています。
ダイキンさんのサイトがとてもわかりやすく説明してくれているので、リンクを貼っておきます。

詳しく知りたい人はそちらをどうぞ。⇨「エアコンはどうやって部屋をすずしくするの?」

換気機能があるエアコンは要注意

先ほど見てきたように、エアコンは外気を取り入れずに、家の中の空気の温度を室内機と室外機を駆使して変えていくものでした。
だから外気は取り込まれないので、PM2.5や黄砂の心配はいりません。

しかし、少し高級なエアコンや、換気機能というものが付いているのもあります。
一般のエアコンでは、換気機能が付いていても、室内の空気を外に出すのみなので問題はないのですが、中には外気を取り入れ換気するエアコンもあるようです。

そういう機能をもつエアコンはほとんどないのですが、高級なエアコンを利用している人はチェックしてみてください。
パナソニックの『よくあるご質問サイト』にはこんなことが書いていました。

2003年から2006年にかけて販売していた一部の機種(酸素エアコン)では、室外の空気を取り込む機能が付いています。
室外の空気を取り込みたくない場合は、酸素機能を取り消してください。引用:エアコンは外気を取り込むの?

ということなで、パナソニックの酸素取り込み機能があるエアコンを使っている人は注意してくださいね(`・ω・´)”

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回の記事では、PM2.5や黄砂の季節にエアコンをつけても大丈夫なの?という疑問にお答えする記事を書いてきました。

一般的なエアコンは外気を取り入れることがないので、気にしないでエアコンを稼働させてください。
しかし一部のエアコンでは、外気を取り入れる機能も付いているので、自宅で使っているエアコンが外気を取り入れるエアコンなのか注意して使うようにしてください。

黄砂やPM2.5が舞っている季節では、窓を開けて換気をすることなくエアコンをつけてできるだけ外気を吸い込まないようにしましょう(`・ω・´)”
本日も最後まで記事を読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク

サイト記事まとめ

記事がバラバラしてきたので、

一覧にしてまとめてみました。


1.体に必要な栄養とは何か?栄養に関する知識をまとめてみた


2.有酸素運動・筋トレ・ストレッチのやり方と効果のまとめ


3.腸内細菌環境を整えることこそ健康のためのファーストステップ


4.おすすめのサプリメントを紹介!くれぐれもライフスタイルに合ったものを選んでください


5.男の美容まとめ!化粧品の基礎知識を知って肌に優しいものを選ぼう!


6.あんた誰だよ?ということでプロフィールページになります


メルマガ始めました。

運動やら食事やら健康系に関する質問などはメルマガで答えていきますので、よければ登録してやってください。


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*