黄砂とPM2.5が強い時はランニングを控えるべき?マスクをしたらOKなのか!?

そらまめ君 エクササイズ
スポンサーリンク

春は黄砂が強いですよね。
ランナーにとっては痛い季節です。

黄砂にはPM2.5という小さい化学物質が付いているので、吸い込むと健康上よくありません。
そんな黄砂が吹き荒れる中、ランニングを続けても良いのでしょうか?

今回の記事では『ランニングと黄砂』についてまとめてみました。
結論から言うと、黄砂が強い時は走らないほうがいいですよ。

スポンサーリンク

黄砂がランナーに与える影響

黄砂とは、東アジアの砂漠地域から強風によって大気中に舞い上がった黄砂粒子が流れてることを言います。
日本では3〜5月がピークとなっています。

この時期は洗濯物も外干しはやめて、室内干し、乾燥機にかけたほうが良いでしょう。

黄砂 with PM2.5

黄砂による健康被害も確認されており、花粉症などのアレルギーに似た症状が出ます。
また、大変粒子が小さく肺に直接入るので、肺機能にも影響を与えるとされています。

簡単にまとめると、

  • 黄砂を吸い込むことで呼吸器系に影響がある
  • 黄砂が目に入ると、花粉症に似た症状が出る

さらに、黄砂とともにPM2.5という物質まで風によって流れてきます。
PM2.5とは2.5μm以下の小さな粒子のことです。

これがどれくらい小さいかというと、髪の毛の太さの30分の1で、肺の奥深くまで入るので、肺がんや呼吸器系の影響が懸念されています。

スポンサーリンク

PM2.5はどれくらいで人体に影響を与えるのか?

PM2.5はどれくらい空気中に含まれていたら人体に悪影響を与えるのでしょうか?
国が示す基準値では70μg/㎥になります。

PM2.5の状況は『そらまめ君』で確認

そらまめ君

ランニングをする時は住んでいる地域の大気の情報を確認しておきましょう。
環境省の大気汚染監視システムでPM2.5の濃度を調べてくれています。⇨そらまめ君

地方自治体により、PM2.5の濃度が高い時は注意喚起がうながされます。
先ほども言いましたが、国が示す基準値は70μg/㎥なので、そらまめ君を見るときの参考にしてください。

黄砂はマスクで防げるのか?

ただの砂だけならまだしも、化学物質が付着している砂を吸い込むのは嫌ですよね。
しかし、PM2.5のサイズは簡単にマスクの穴を抜けてしまうほど小さいのです。

だからマスクの効果は『マスクをつけないよりはまし』程度です。
しかし最近ではPM2.5を防ぐマスクも出ているので、「どうしてもランニングしたいんだ!!!」という方はそのマスクを着用して走るべきですね。

ただし、呼吸がしづらくなるので、走りにくくなります。
と言っても健康第一なので黄砂が強い時は絶対に着用しましょう(`・ω・´)”

マスクだけでなく目も守ろう

黄砂とPM2.5は目にもよくありません。
だからマスクとセットで目を守るグッズもつけてくださいね。

こちらは特にPM2.5対応のものではない、花粉症対応のもので大丈夫だと思います。

ランニング後はうがい

ランニングから帰ってきた後はまず『うがい』をしてください。
この辺は花粉症対策と一緒で、家に帰ると同時にすぐにするのが効果的です(`・ω・´)”

家に入る前に服をパタパタして粒子を落とすというのも、習慣づけておくといいですね(=゚ω゚)ノ

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回の記事は『黄砂がランニングに与える影響』について書いてきました。

黄砂とPM2.5のセットは吸い込むと健康に悪いのでマスク着用は絶対です。
しかも、通常のマスクでは簡単に穴を抜けられてしまうので、PM2.5対応のマスクを着用して走るべきです。

ただ、できるだけ黄砂の時期はランニングは控えたほうが良いと思います。
ランニングをやるとしても天気予報やそらまめ君で確認して、できるだけ黄砂が少ない日を選んで走ったほうがいいです。

健康のためにやるランニングが、健康を害してしまっては意味がないですからね。
今回も最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございました。

*ランニング関連記事

スポンサーリンク

コメント