コスパ最高の野菜じゃない?玉ねぎの素晴らしい効能

玉ねぎをたくさん 食べるべき理由!? 食べ物
スポンサーリンク

学生時代にはよくお世話になった玉ねぎさん。

ネットに5、6個入っていて、お手頃な価格ですよね?
そんな学生と主婦の味方の玉ねぎなのですが、安さ以上に体に効能があることをご存知でしょうか?

ということで、今回は玉ねぎのパワーについて書いていきます。

スポンサーリンク

玉ねぎのパワー

いや〜、本当に学生時代はお世話になりました。
ほぼ毎日食べていたんじゃないでしょうか。(玉ねぎって一年中売ってますよね)

安くて美味しいという理由で食べていたのですが、いまになって調べてみると、まぁ栄養価が素晴らしい野菜です。
ありがとう、玉ねぎさん!

ガン予防効果

玉ねぎのファイトケミカルで注目すべきものは『イソアリシン』です。

これは玉ねぎのにおいや辛みのもとになっている成分です。
イソアリシンは強い抗酸化力を持っているので、酸化から細胞や遺伝子を守ってくれるので、発ガンを抑制してくれます!

ちなみに、イソアリシンはシステインスルホキシド類に分類されるファイトケミカルで、これは抗酸化力の強いイオウ化合物です。
システイオンスルホキシドは玉ねぎのほか、ニンニクやにら、ユリ科などの匂いが強い野菜に含まれています。

血液サラサラ効果

玉ねぎの皮の黄色や茶色の色素のもとになっているのが、『ケルセチン』と呼ばれるファイトケミカルです。

イソアリシンと同様に抗酸化作用があります。
また、血小板凝縮の阻害により、血液をサラサラに保ち、心筋梗塞や脳梗塞などの血管系の病気を予防します。

さらに、がん細胞の増殖を抑える効果、抗炎症作用、抗アレルギー作用もあると言われているので、玉ねぎさんは最高に体に良い食べ物の一つなのです。

ケルセチンは黄色い部分に多くあるので、皮はむきすぎないようにしましょうね(`・ω・´)”
ちなみにケルセチンはポリフェノール系のファイトケミカルになります。  

皮で出汁を出す!?

私はやってないのですが、玉ねぎのケルセチンがたっぷりとあるので、皮をよく洗って、ネットに入れて出汁をとると効果的にファイトケミカルが摂取できるそうですよ〜!!

まとめ

いかがだったでしょうか?
玉ねぎのパワー恐るべしではないでしょうか??

私の大好きな野菜で、炒めても似ても、生でも美味しくいただけますね。
食べ過ぎるとおならが臭くなるという唯一の欠点がありますけど・・・笑!

ということで、玉ねぎを食生活の中に取り入れましょう!!
きっと、健康寿命を延ばすことに貢献してくれる野菜ですよ!!

今回の記事も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント