緑黄色野菜の代表格のかぼちゃを食べるべき理由

かぼちゃを食べて βカロテンを摂取! 食べ物
スポンサーリンク

かぼちゃってすごく栄養があるってご存知でしょうか?

私は今まで食べてこなかったのですが、かぼちゃの効能を知って、これからは食べようと決意しました笑。
ということで、今回の記事では『かぼちゃのパワー』について書いていきます。

スポンサーリンク

かぼちゃのパワー

ガン予防効果

かぼちゃのファイトケミカルで注目すべきものは『カロテン』です。

いきなり余談ですが、かぼちゃには日本かぼちゃと西洋かぼちゃがありますが、スーパーに出回っているのはどちらだと思いますか?

西洋かぼちゃの方なんですね。
逆に「日本のかぼちゃってあったの?」と思う人もいるかもしれませんね。

余談は終わって、かぼちゃに豊富に含まれるβカロテンは強い抗酸化力があるので、酸化から細胞や遺伝子を守り、細胞のがん化を防ぎます。
このほかにも、皮膚や粘膜の細胞を強化したり、免疫力を高める作用もあります。

食物繊維が豊富

かぼちゃは食物繊維が豊富な野菜です。

食物繊維は腸内細菌の栄養源となります。
そして腸内細菌はめちゃめちゃ健康に影響してくるので、しっかりと食物繊維はとるようにしましょう。

腸内細菌を増やすことは便秘の解消はもちろん、体重管理や精神面の安定、がん予防などに関係してくることなのでね(`・ω・´)”

それと、食物繊維を摂ることで、血糖値の急激な上昇も抑えることができます。

皮を食べよう!

カボチャの皮は固いので食べない人も多くいるとは思いますが、あそこに栄養がたっぷりと詰まっているので、食べましょう!!
野菜スープにすると簡単に食べることができます。

まとめ

いかがだったでしょうか?
かぼちゃを食べたくなってきませんか?

抗酸化作用で酸化から細胞を守り、免疫細胞を活性化するのでウィルスや病原体から体を守ります。
また、βカロテンは体内で必要なぶんだけビタミンAに変換されるので、皮膚や粘膜を健康状態に保ちます。

うーん、カボチャはいいことだらけですね〜!
ということで、是非ともかぼちゃを食生活に取り入れてみてください(´-`).。oO

今回の記事も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメント