砂糖依存になってませんか?砂糖の中毒性の恐ろしさについて

スポンサーリンク

日々の生活で、どのくらい砂糖を摂取しているかを気にしたことはあるでしょうか?

ネットフリックスで『フェド・アップ』というドキュメンタリー映画を観ました。子どもたちの肥満問題に焦点を当てた映画です。

子を持つ親御さんは見るべき映画だと思います。私の知り合いの子どもはまさにこの映画が示すような問題があり、お菓子ばっかり食べてて普通のご飯をあまり食べません。

そりゃ、ご飯よりお菓子の方が甘くて美味しいもんね・・・。野菜とかも食べないから1週間くらい便秘をすることもあるのだとか・・・。

これって子じゃなくて親の責任だよね・・・言えませんが^^;

今回の記事では『砂糖中毒の恐ろしさ』についてになります。

スポンサーリンク

砂糖を食生活から減らすために知っておきたい事実

甘いものって美味しいですよね。

でも摂取量を間違えると体に異常をきたすようになります。ですので、しっかりと砂糖を摂取するリスクについても知っておいてください。

食事制限と運動の誤解

アメリカ人の2/3の肥満です。テレビて見たことある人なら分かると思いますが、肥満といっても日本人では考えられないくらい太っています。

そんな肥満大国のアメリカではフィットネスが盛んになり、ダイエットブームに火がつきました。1980年頃の話です。

ただし・・・

『フィットネスジムの会員率の増加とともに、肥満率も増加したのです。』

どういうことなのでしょうか?少しだけ時間をとって、その理由を考えてみてください。

 

摂取するカロリーより消費したカロリーの方が多ければ痩せると信じられてきました。しかし、摂取したカロリーと消費したカロリーを毎日きっちりと計算しますか?

しないですよね・・・。

それに、ポテトのMサイズを食べたら、そのカロリーを消費するためにプールで60分ほど泳ぐ必要があります。これも現実的ではありません。

運動することは体にとってともていいことです。しかし、肥満と運動不足を安直に関連づけることはよくありません。なぜかと言うと、「運動するからこれだけ食べてもOK」と考える人が少なからず出てくるからです。

同じカロリーでも・・・

100gのアーモンドと同じカロリーの炭酸ジュースを摂取したとして、どちらが太ると思いますか?

結果からいうと、炭酸ジュースです。なぜかというとアーモンドには食物繊維が含まれており、それを消化するためには時間がかかり、ゆっくりと血糖値が上がるからです。

これに対し炭酸ジュースは食物繊維が含まれておらず、すぐに肝臓がエネルギーに変換しようとします。変換しきれないエネルギーは脂肪として体に蓄えられます。

これが太る原因なんですね。

覚えておくべきことは、『同じ1カロリーでも体への影響は違う』ということです。

専門家が食品メーカーから支援を受けていた・・・

食品メーカーからお金をもらった専門家が、「ジュースと肥満の関係はないと論文で発表」することもあるそうです。(アメリカでは実際にありました)

タバコ産業が、喫煙とガンの関係は全くないと発表するのと似ていますね。私たち素人は、専門家とか博士とか、そういう権威者が発表する情報をついつい信じてしまいますが、その権威者と支援者との関係を見る癖をつけた方がいいとのことです。(メディアが報道している情報なんかも鵜呑みにしてはいけませんよね。もちろん、私が書いてる記事もです。)

人工甘味料の危険性

最近ではカロリーが少ない人工甘味料が増えています。でも、これは危険なことだと専門家は言います。

実は砂糖より人工甘味料の方がインスリンが増えるので、空腹感が増すということがわかっています。脳は糖分を摂取したと思うのですが、実際はカロリーを摂取していないので、すぐにまた糖分を欲しがります。

そうなると・・・お分かりですよね?

食品業界からしたら空腹感が増えてより食品が売れるのであれば、願ったり叶ったりなことなんですって(((( ;゚д゚)))アワワワワ

麻薬と同じような依存性

薬物乱用の人が神経系をやられて依存症状を引き起こすことはよく知られている事実です。しかし、依存症状が引き起こされるのは薬物だけではありません。

プリンストン大学の実験で、ネズミに砂糖水を飲ませ摂食行動の観察を行いました。実験に使う43匹のネズミをコカイン中毒にして、ネズミたちがコカインと砂糖水のどちらを選ぶか観察しました。

すると・・・

43匹中40匹が砂糖水を選ぶことがわかりました。

別の実験では砂糖への依存性を表す症状がネズミも出てきました。どんな症状かというと、過食・渇望・離脱症状です。

砂糖摂取時の脳

砂糖を摂取した時と、麻薬を摂取した時の脳を観察すると同じところが反応します。

しかも、砂糖の依存性はコカインの8倍にも及ぶのです。(試しに砂糖を一切とらない生活を試そうと想像してみてください。絶対ムリだと思います。)

中毒症状に陥ると、もう個人の意思では抜け出せなくなります。タバコやお酒なんかと一緒ですね。

食品業界とフィットネス業界の結託

「運動をすれば太らない!」なんてのは、食品業界とダイエット業界やフィットネス業界の結託のようなものとのことです。

依存性がある加工食品をどんどん投入し、それで人々を太らせて、ダイエットやフィットネスを押し付ける・・・。巨額のお金がぐるぐると回り続けて儲かる仕組みなんですねぇ((((;゜Д゜)))

「肥満を解消するには運動をすること!」と言うのは論点のすり替えになります。だってカロリーの多すぎる食べ物を食べなければいいだけの話なんですから。(健康的な食事にするだでいいでしょ?)

『適度な食事と適度な運動』、これに勝るものはなしですね。

子どもの肥満は親の管理で

ただ・・・子どもは親の管理下の元成長するので、親がある程度ルール作り、それを子供に守らせなければ、生活習慣病にまっしぐらの方向へ進む可能性が高いです。

子どもはさすがに親が管理してあげないとですね。だって大人でも『美味しいものへの自己管理』ができてないのですから、子どもができるわけないですよね。

親の子の管理(教育)ができていない子どもは健康寿命が短いことが分かっています。どういうことかというと、「お菓子の食べ過ぎは良くない!」ということを教わらずに成長すると、大人になってもそのままお菓子の食べ過ぎに抵抗がないのでバクバクと食べ続けるのです。

そうなると、いずれ重篤な症状を示す病気にかかることになります。ということは、その治療に医療費がたっぷり使われることになります。(医療費は3割負担なので残りの7割は誰が支払うことになるか・・・分りますよね?)

ただでさえ高齢化で財政が厳しい世の中です。ですから、『子どもの食生活の管理は国の課題』でもあるということを知っておいてください。

まとめ

今回の記事は『砂糖中毒について書いてきました。

砂糖の恐ろしさについて理解できたのではないでしょうか。気がついたらテレビ見ながらお菓子をボリボリ食べてませんか?笑

自分の脳が麻薬中毒者と同じような状態になっていることを忘れないでくださいね。(食べ過ぎは良くないという意味です。)

それでは簡単にまとめをします。

    • フィットネスジムの会員率の増加とともに、肥満率も増加した
    • 摂取したカロリーと消費したカロリーを計算することができる人なんていない
    • 同じ1カロリーでも体への影響は違う
    • 砂糖より人工甘味料の方がインスリンが増える
  • 砂糖の依存性はコカインの8倍にも及ぶ
  • 肥満を解消するには運動をしなければならないというのは論点のすり替え
  • 子どもの食生活は親が管理しなければならない

見て損するドキュメンタリー映画ではありません。

ネットフリックスに契約されているのであれば、ぜひご覧になって見てください。これを見て各人で判断するのが良いと思います。

健康的な食事を目指したいと思うのであれば、『ジョコビッチの生まれ変わる食事』を参考にしてみてください。

本日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す