果物の食べすぎは太る?【知っておきたい果糖の危険性】

果物 太るダイエット
スポンサーリンク

つい100年ほど前までは、果物はそこまで食べれる物ではありませんでしたし、今ほど甘くはありませんでした

 

科学の力により、果糖は果物以外にも含まれるようになりました。加工食品のほとんどに果糖ブドウ糖液糖は含まれております。つまり、現代人は異常なくらいに果糖を摂取しやすい環境にあるのです😅

 

こんな面白い記事を見つけました。

なんとオーストラリアの動物園は“果物断ち”を始めたのです!

 

このページでは果物の食べすぎも体に良くないということを書いていきます。

*記事の内容を簡単に動画でまとめています↓↓↓

果物の食べすぎは太る?【知っておきたい果糖の危険性】
スポンサーリンク

果物の危険性とは?

なぜオーストラリアのメルボルン動物園が、果糖断ちを始めたかというと、

  • 動物が太る
  • 虫歯になる

からです。

 

最近の果物は糖分が多すぎるので、体に良くないと判断したのですね。

メルボルン大学の食物科学者、セネカ・ラナディーラ博士も、プラムなど一部の果物の糖分は過去20年間で倍になっているという。「りんごだって、昔はもっと小さくて苦かった」

ぶたさん
ぶたさん

確かに、果物って昔より格段に甘くて美味しくなったよね。

果糖の危険性については科学者が色々調べているところです。

果物はいい面もありますが、悪い面もあるのですよ。常識的な範囲で果物を食べるのであれば大丈夫なのですけれど、いくら果物が体にいいって言っても食べすぎは病気の元

1:果糖は脂肪に変換されやすい

果糖のやっかいなところがブドウ糖やアルコールと違い、肝臓にたくさんのカロリーがいきます。つまり肝臓に脂肪がたまりやすいというこということです。ですから、果糖の摂取しすぎは脂肪肝の原因になってしまうのですよ😱

ブドウ糖(炭水化物)・お酒(エタノール)・果糖の代謝の違いについて

2:果糖を取りすぎると老化につながる

果糖はタンパク質と結びついて終末糖化産物をつくりやすいです。終末糖化産物は毒性が強い物質で、

  • DNAにダメージを与える
  • 肌にダメージを与える

という作用があります🤢ですから終末糖化産物はアンチエイジングの敵としてよく紹介される物質です。

老化を防ぎたいならAGEs(終末糖化産物)を減らすしかない

 

もちろんブドウ糖も終末糖化産物を作り出すのですが、なんと果糖はブドウ糖の7倍も終末糖化産物をつくりだしてしまいます😱

NCBI - WWW Error Blocked Diagnostic

果物はどれくらい食べてもいいのか?

果物は栄養たっぷりなので食べておきたいところ。しかし、果物を食べすぎても果糖の取りすぎて良くない・・・。じゃあどれくらい果物を食べたらいいのでしょうか。

1:果物は適度に食べるのが一番!

はっきりとは言えないので、『適度に果物を食べよう!』という感じです😅

例えば、めちゃめちゃ糖度が高くて甘くて美味しい

  • メロンをひと玉たべる
  • スイカをひと玉たべる
  • ぶどうをひと房たべる

というのは完全に食べすぎです。果糖を取りすぎちゃいます。

 

逆に、糖度が少なくてあまり甘くない果物であればもっと食べてもいいと思います。このあたりの判断は本当に難しいところです・・・。果物の育てられ方によって糖度は全然違いますからね。

2:フルーツジュースはNG

果物は適度に食べるのが一番ですが、フルーツジュースはNGです。なぜかというと、食物繊維が取り除かれているからです。

100%フルーツジュースを飲んでいる人ほど体重増加していたという研究結果です。ダイエットしている人は100%フルーツジュースは控えた方が良いと思われます(一方で、果物は大丈夫だと考えられています)。。#究極の食事https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29330029

果物は未加工の状態で食べるのが基本です。

【子供こそ注意】フルーツジュース(果汁)を飲んでも便秘は治らないし糖分取りすぎで体に良くない

おわりに

果物は体にいいけれど、食べすぎると果糖を取りすぎちゃうから太るかもよーという記事を書いてきました。簡単にまとめると、

  • 最近の果物は甘くなりすぎている
  • 現代人は昔の人に比べて果糖の消費が爆増中
  • 果糖は終末糖化産物を作りやすい
  • 果物は適度に食べること
  • フルーツジュースは食物繊維がないからNG

という感じです。

 

ちなみにオススメの果物はベリー類です。なぜかというと、

  • 糖質が低い
  • アントシアニンが豊富

だからです。あと、冷凍で売られていて食べやすいというのもメリットですね👍

それでは!

コメント