老化を防ぎたいならAGEs(終末糖化産物)を減らすしかない

AGEs(終末糖化産物)の怖さ。甘いものを控えたくなる理由 病気
スポンサーリンク

前回の記事『コレステロールを下げる『スタチン』が脳機能を低下させ、心臓疾患のリスクを高める?』に引き続き、デイビット・パールマターさんの「いつものパン」があなたを殺すで気になったところを書いていきます。

AGEs(終末糖化産物)については昔、こちらの記事でも触れているのでご参考にしてください→→→『知っておきたい危険な食事!終末糖化産物や輸入肉の怖さ

スポンサーリンク

AGEs(終末糖化産物)とは?

糖分子がタンパク質、脂肪、アミノ酸に結合することを『糖化反応』と言います。(メイラード反応とも呼ばれています)

この反応によりAGEs(終末糖化産物)が形成されます。
AGEsの何がやばいかというと、タンパク質や脂肪、アミノ酸が糖と結合することによって硬くなり、本来の機能を失うことです(´・ω・)

老化とAGEs

AGEsは次のようなものと関係しています。

  • 肌のシワやたるみ
  • 肌の変色
  • 腎臓疾患
  • 糖尿病
  • 血管疾患
  • 認知低下

など、老化と大きく関係しています。

ちなみに老化はタバコとも関係しています。
タバコを吸う人は体内の抗酸化物質が減っていくので、活性酸素による酸化の攻撃を防ぐことができません。

だから体のいたるところで酸化が起き、肌が汚くなっていくのです(´・ω・)

AGEsを減らすには?

人間は糖分を摂取しなくてはならないので、糖化反応は必要な反応です。
しかし、現代のように高炭水化物の食事では、糖化反応のスピードが上がっているのです。

  • お菓子
  • ジュース
  • アイス

などなど、糖分がたっぷり詰まった食事を避けることが、AGEsを減らすことにつながります。
つまり、低GI食品を心がけようということですね(`・ω・´)”

AGEsは脳にもダメージも与える!?

脳に必要な栄養素の1つに『コレステロール』があります。
悪玉コレステロールという名前をつけられていたりしますが、体にとっては善玉も悪玉もなく、必要な栄養素です。

肝臓でできたコレステロールを脳に運ぶ運搬体タンパクにLDLがありますが、このタンパクに糖化反応が起こると、脳に栄養を送れなくなります(´・ω・)

つまり栄養が足りなくなった脳は・・・脳疾患へと舵をきることになるのです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?
この記事では『AGEs』について書いてきました。

高炭水化物の食事って怖いんですよね・・・。
ただ太るだけでなく、血管がボロボロになり、認知症にもつながっているのです。

甘いものは食べると幸せになりますが、毎日食べていると不幸せになることは確実です。
ということで、毎日食べるのはよしましょう!

今回の記事も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

*糖関連記事

スポンサーリンク

コメント