カロリーゼロ飲料に入っている人工甘味料で太るの?→ダイエットに役立ちそう

カロリーゼロ 太る ダイエット
スポンサーリンク

カロリーゼロののジュースとかって本当に太らないの??

このページではこのような疑問に答えていきます!

 

当サイトでは以前「人工甘味料入りのジュースを飲んでいる人ほど、太りやすい傾向にある」ということを書きました。しかし、「やっぱり人工甘味料は太ることと関係ないんじゃね?」という研究も出てきておりますので、結論としては「人工甘味料ジュースは飲んでもOK」ということにします!(といっても少量に限る)

 

この辺りはこれからの研究に期待したいところです。さてさて、もう少し具体的に人工甘味料についてみていきましょう。

スポンサーリンク

人工甘味料は太るの?

人工甘味料が太りやすいというのは、冒頭にも書いた通り以前にもサイトで取り上げたことがあります。

 

その理由としては、甘いものを食べたはずなのにカロリーがないので、体が「もっと食べなきゃ!」と勘違いしてしまうからです。(と、考えられています)

 

つまり、人工甘味料自体が太りやすいわけではなく、体が満足感を得られずに余計に食べちゃうことが原因というわけです。

 

太りやすい食べ物の一覧>

アスパルテームを12週間飲んでみた研究

人工甘味料問題についてはこちらが興味深かったです。

Aspartame Consumption for 12 Weeks Does Not Affect Glycemia, Appetite, or Body Weight of Healthy, Lean Adults in a Randomized Controlled Trial.

93人の健康な男女を対象にした研究でして、3つのグループに分けてアスパルテームを飲んでもらいました。

  1. 1日350mgのアスパルテームを飲む
  2. 1日1050mgのアスパルテームを飲む
  3. プラシーボのカプセルを飲む

これを12週間試したんですな。

 

その結果、どうなったかというと・・・

人工甘味料は体重増加に関係なし!

という結果になりました笑

 

体重とか食欲とかに全然影響を与えなかったとのことです。これは希望が持てる研究です。

カロリーゼロの人工甘味料は太らない

メタアナリシスという科学的信頼度が高い論文でも「人工甘味料で体重が増えることはないぞー。なんなら水と比べた場合、体重が減る可能性がある!」と研究者たちは言っております。

Does low-energy sweetener consumption affect energy intake and body weight? A systematic review, including meta-analyses, of the evidence from human and animal studies.

つまり、カロリーゼロの人工甘味料はダイエットに役立つというわけです。これはすごい。

 

「甘いものが我慢できないぜ!でもダイエットしたいぜ!」という方は、カロリーゼロの人工甘味料入り食品を使えばいいのではないでしょうか。

 

食事制限によるダイエットが難しい理由>

人工甘味料は腸内を荒らす可能性がある

砂糖の代用品である、人工甘味料や糖アルコールは腸内を荒らす可能性があるので、「ダイエットにいい!」と分かっていても、やはり大量には摂取しないほうが吉だと思います。

 

その理由をこれから書いていきます。

糖アルコールは悪玉菌のエサになる

  • ソルビトール
  • キシリトール
  • エリスリトール
  • マンニトール

などの糖アルコールと呼ばれる砂糖の代用品は、悪玉菌のエサになっちゃいます。そのため腸内フローラのバランスが崩れてしまうのです。

Gut microbial adaptation to dietary consumption of fructose, artificial sweeteners and sugar alcohols: implications for host-microbe interactions contributing to obesity.
Erythritol triggers expression of virulence traits in Brucella melitensis.

 

悪玉菌の原因と減らすための対策>

人工甘味料はホルモンに影響を与える

ホルモンの1つであるインスリンの分泌量を増加させたりもします。やはりこれも脳の勘違いが疑われます。

  1. 舌「甘いもの食べた!」
  2. 脳「せやな。血糖値が上がるからインスリン出すで」
  3. でも実際は糖分がなくてインスリンが無駄に分泌
  4. 脳「あれ?インスリン分泌してるのに細胞中に糖分が取り込まれないぞ?おかしい?もっとインスリン分泌したろ!」

みたいになっているのかもしれません。

The effect of artificial sweetener on insulin secretion. 1. The effect of acesulfame K on insulin secretion in the rat (studies in vivo).

 

ということで、人工甘味料はまだまだ疑問なところがあります。ダイエットには役立つかもしれませんが、体内のホルモンバランスを崩すとなると、デメリットの方が大きそうに感じます^^;

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5045440/

 

インスリン感受性を高めるための食事法>

おわりに:少量なら人工甘味料でもOK

ということで、人工甘味料やは少量ならOKということにしましょう!これが当サイトの今のところの結論になります(2018年11月)

 

「カロリーゼロは太らんやんけ!どか食いしたろ!」という考えは、やっぱり間違ってますわな。カロリーをコントロールしつつ、少量の人工甘味料で甘さを満たすのがいいのではないかなーと思います。

 

個人的な意見ですが、カロリーゼロだからといって毎日500mlの清涼飲料水などを飲むのはやっぱりNGかと。甘さに脳が慣れてしまいますと、それより下の甘さレベルのものでは満足できなくなりますからね^^;

 

あんまり熟れてないバナナでも「美味しい」と感じるようになれば、ダイエットなんてスグにできちゃいます。

 

ダイエットにオススメなのがやっぱり72%のチョコレートになります。はじめのうちは「苦すぎて食べれないー」となるでしょうが、慣れてくれば「甘い!うまい!」となってきます。そうなれば、カロリーゼロのジュースは甘すぎて飲めなくなってきます。

 

味覚のバランスをちょっとずつ整えていくのがいいなーと私は思っております。

 

簡単に動画でまとめています↓↓↓

カロリーゼロは太るの?→ダイエットに効果的だけどデメリットもある【音声10分以内勉強会】
私が実践している健康法について、有料記事にてまとめています。よければ参考にしてください→→→https://note.mu/fukuyama_/n/n0bf79ad61c8e
スポンサーリンク

コメント