それって痛風じゃない?尿酸値がもたらす痛風の恐怖と回避方法

痛風
スポンサーリンク

痛風になりました。と言ってもハイパー健康体を目指す僕ではなく身内がなりました(((( ;゚д゚)))アワワワワ。毎日500mlのビール缶を3本空ける生活をずっと送ってたら痛風になっちゃったらしいです笑。
そりゃなるよね。でもその人は力仕事をしてるから毎日たっぷり運動もしてたんだよねぇ。たぶん力仕事じゃなかったらもっと早い時期になってたんだろうな。『痛風』は他人事ではないので痛風についてまとめて記事にしてみました。

やはり病気は治療より予防ですので、「痛風心配かも」とビクビクしてる人は参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

痛風と尿酸値の関係性

痛風とは『関節炎』のことです。

尿酸値って聞いたことあります?尿酸たまるとそれが結晶化して、関節に激痛を引き起こすのです。進化の過程で尿酸オキシダーゼ活性がなくなり、尿酸を分解できなくなったのが原因らしいです。

普通の人の血液中にも尿酸は含まれてますが、その濃度が異常に高くなると溶解しきれず尿酸塩として結晶化します。
痛風の怖いところは、尿酸値が高いだけでは痛くもないので、苦しくもないことです。ある日突然、尿酸の結晶ができて痛み(激痛)のスイッチをONにするのです・゜・(ノД`)

お酒と痛風の関係

痛風の患者はなんと90%が男性です!女性ホルモンには腎臓から尿酸を排出する働きがあるため、女性の尿酸値は男性に比べて低いのです。
お酒に含まれるアルコールは肝臓で尿酸が作られるのを促進するので、痛風のリスクを高めます。特に、ビールがもっとも痛風のリスクを高めます。

尿酸とはプリン体の代謝産物であるので、プリン体を多く摂取すると痛風になっちゃうんですね。ビールはプリン体が多いって言いますよね。(だからプリン体が少なめのビールが売れてますね〜。でもそれってもうビールじゃないような・・・)

プリン体の多い食べ物

どんな食べ物にプリン体が多く含まれているかというと

  • かつお節
  • ビール酵母
  • 煮干し
  • レバー

・・・調べたらたくさんあるので、気になる人は調べてみてください。プリン体が多いと言っても、食べちゃいけないってことではないですので。
こういう話を聞いて「プリン体の入ってる食べ物は食べない!」と極端な行動に出るばかな人がいますが、そんなことしたら栄養不足で別の病気になってしまいます(((( ;゚д゚)))アワワワワ

痛風と合併症の怖さ

尿酸は腎臓から排出されるため、関節だけではなく腎臓にも付着します。
そうなると腎障害を引き起こす可能性が出てきます。腎臓は血液を濾過させる機関なので腎臓がダメになると汚い血液が身体中をめぐるため、そのまま放置するとお陀仏になってしまいます。ですから、透析が必要になってしまうんですね。

また、尿酸が尿の通り道で結晶化すると、尿路結石となります。
尿路結石は「三代激痛」の1つに数えられるほどの激痛なので怖いですね。

調べてみると『痛風』の恐ろしさが嫌というほど分かりました。
絶対なりたくないですので、皆さん、予防に力をいれましょう(`・ω・´)”

痛風の予防

尿酸値を下げることが痛風予防の対策です。
最近の研究ではプリン体の摂取を制限しても尿酸値を下げることは難しいことがわかってきました。

んじゃあどうするの?って話ですが、

  • 水分を多く取ること
  • 運動すること

の2つが主な対策になります。

病気の対策って大体この2つだよね笑

水分をとって尿酸を体外へ排出しましょうってのと、痛風と肥満には強い相関があることがわかっているので、運動しましょうってことです。これは健康寿命を伸ばす意味でも必要なことですよね。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回の記事は『痛風について書いてきました。

病気は予防と早期発見が重要ですので、何か異変を感じたら早めに病院に行きましょうね!
とりあえず、運動をしておけば大体大丈夫そうなので、皆さん、運動の習慣を心がけてください(`・ω・´)”
本日も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

サイト記事まとめ

記事がバラバラしてきたので、

一覧にしてまとめてみました。


1.体に必要な栄養とは何か?栄養に関する知識をまとめてみた


2.有酸素運動・筋トレ・ストレッチのやり方と効果のまとめ


3.腸内細菌環境を整えることこそ健康のためのファーストステップ


4.おすすめのサプリメントを紹介!くれぐれもライフスタイルに合ったものを選んでください


5.男の美容まとめ!化粧品の基礎知識を知って肌に優しいものを選ぼう!


6.あんた誰だよ?ということでプロフィールページになります


メルマガ始めました。

運動やら食事やら健康系に関する質問などはメルマガで答えていきますので、よければ登録してやってください。


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*