腸内細菌がTMAという物質を作ると動脈硬化になる!?

動脈硬化と腸内細菌の関係性 腸内フローラ
スポンサーリンク

どうやら腸内細菌は動脈硬化にも関係があることが分かってきました。
もう健康上の問題の色々なところで腸内細菌は出てきます笑

今回の記事も前回の『肥満になるとがんを引き起こす腸内細菌が増加!?』に引き続き、『腸内フローラ10の真実』から気になったことを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

謎の動脈硬化と腸内細菌

動脈硬化と聞いて真っ先に思い浮かべるのが『コレステロール』や『中性脂肪』だと思います。
ちょっと詳しい人なら悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールの数値が上がることが、動脈硬化の原因だと考えるでしょう。

しかし、動脈硬化の中に『謎の動脈硬化』として恐れられているものがあります。
なぜ謎かというと、コレステロールと中性脂肪の値が高くないのに動脈硬化が進んでしまうからです。

そしてその原因が2011年にネイチャーにて発表された、アメリカ・クリーブランド病院の研究で明らかになりました。
謎の動脈硬化には腸内細菌が作る物質が関係していると。

メタボローム解析

メタボローム解析と呼ばれる手法で、血液中に含まれる2000以上の物質の量を調べ、どんな物質があると心臓病になりやすいのかの関係を調べました。
その結果、TMAOという物質が血液中に多い人は、心臓病になりやすいことがわかったのです!

TMAOはどこで作られる?

TMAOが多いと心臓病になりやすいことがわかりました。
次に調べたことは、TMAOが体のどこでたくさん作られているか?です。

TMAOは肝臓でTMAという物質から変化して作られることがわかりました。
じゃあTMAはどこから来たのかというと、それが腸内細菌が作っていたのです。

レシチンからTMAヘ

レシチンという栄養素を腸内細菌が分解してTMAを作ります。
そしてTMAが腸内から吸収され、肝臓へ行き、そこでTMAOに変化します。

んで、ちょっと健康に詳しい人は知っているでしょうが、レシチンって体に必要な栄養素なのです。
だからサプリメントとして売られていたりもするんですね。

ちなみに、卵や、お肉、牛乳や大豆などにレシチンは豊富に含まれています。
ですから決してレシチンは体に悪い物質ではありません。

レシチンをマウスに与えると

レシチンが心臓病に関係があると分かったので、マウスに投与し実験してみました。
すると普通の食事をさせたマウスより、レシチンを与えたマウスは明らかに動脈硬化が悪化したのです。

そして注目すべきは、マウスのコレステロールや中性脂肪には異常が見られなかったことです!

また、マウスに抗生物質を与えて腸内細菌を殺してから同じ実験を行いました。
すると、レシチンを食べても動脈硬化が悪化しないこともわかりました。

つまり、レシチンと腸内細菌には密接な関係があることが分かったのです。

レシチンは取らない方がいいのか?

ここまでの話を聞いたら「レシチンは取らない方がいいんじゃ・・・」と思うのも無理はありません。

しかし、先ほども書きましたが、レシチンは体に必要なものです!
やはりこれは『量』の問題です。

レシチンは体に必要だけど、摂りすぎは良くないってことですね。
そしてこれはまだ明らかになってはいませんが、腸内細菌を整えることでTMAの量が減らせるらしいのです。

簡単に言えば、腸内細菌を多様にし、TMAを作る腸内細菌ばかりにしなければOKということですね。
何事も極端に「レシチンは取らない!」という発想は危険ですので、レシチンは取るけど、摂りすぎないような生活にしてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?
この記事では『動脈硬化と腸内細菌の関係性』について書いてきました。

なかなか面白いですよね。
いや〜腸内細菌系の本を読めば読むほど、腸内細菌の重要性を感じます。

糖尿病しかりアルツハイマーしかり、アレルギーなどなど、現代人が抱える病気のほとんどに腸内細菌って関係してくるみたいですね。
やはり人間とともに共進化してきたんですね〜。

今回の記事も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント