肥満になるとがんを引き起こす腸内細菌が増加!?

がんを誘発する 腸内細菌がいる!?
スポンサーリンク

腸内細菌は体に良いとされていますが、なんと『がんを引き起こす腸内細菌』がいることもわかってきたそうです!

今回の記事も前回の『腸内細菌が作る『エクオール』には美肌効果とガン予防効果が期待されてるって!』に引き続き、『腸内フローラ10の真実』から気になったことを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

肥満とがんの関係性

がんに関係する腸内細菌を発表したのは、なんと日本人になります!
その人が、がん研究会がん研究所の原英二さんです。

原さんは肥満とがんについて研究しており、そこからがんに関係する腸内細菌を見つけました。

がんに関係するアリアケ菌

肥満したマウスの腸内細菌と、肥満前のマウスの腸内細菌を調べたところ、肥満する前ににはほとんどいなかった細菌が、全体の10%以上を占めるまで増加していることがわかりました。

原さんはその細菌を『アリアケ菌』と名付けています。
そしてこの菌が、がんを誘発するのです。

アリアケ菌は腸に分泌される消化液の1つ、『胆汁』を分解して、『DCA』という物質を作り出します。
このDCAが腸から吸収されて全身を巡ることで、細胞老化を引き起こします。

DCAの作用で老化した細胞が増えると、がんを誘発する物質を撒き散らし、それががんにつながるということがわかったのです!

DCAとマウスの実験

DCAって本当にがんに関係あるの?

原さんはこんな実験を行なっています。
マウスの肝臓の細胞に遺伝子の傷をつけます。

通常ならそれだけで肝臓ガンにはなりません。
しかし、そこにDCAを投与すると・・・100%の確率で肝臓ガンが発生するのです。

まだまだマウスの実験で、DCAが人にどれほどの影響を与えるかわかりませんが、かなり関係性があるのではないでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか?
この記事では『がんに関与する腸内細菌』について書いてきました。

近い将来、アリアケ菌を調べる検査ががん検診に加わるかもしれません。
「早くその検診が実施されてほしい!」と、思うかもしれませんが、安心してください。

肥満にならなければいいのですから!
やっぱりがんにならないため、健康寿命を延ばしていくためには、食事運動、そして睡眠を改善していけばいいのです。

ということでみなさん、健康的な食事をしていきましょうね(`・ω・´)”

スポンサーリンク

サイト記事まとめ

記事がバラバラしてきたので、

一覧にしてまとめてみました。


1.体に必要な栄養とは何か?栄養に関する知識をまとめてみた


2.有酸素運動・筋トレ・ストレッチのやり方と効果のまとめ


3.腸内細菌環境を整えることこそ健康のためのファーストステップ


4.おすすめのサプリメントを紹介!くれぐれもライフスタイルに合ったものを選んでください


5.男の美容まとめ!化粧品の基礎知識を知って肌に優しいものを選ぼう!


6.あんた誰だよ?ということでプロフィールページになります


メルマガ始めました。

運動やら食事やら健康系に関する質問などはメルマガで答えていきますので、よければ登録してやってください。


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*