ギーって体にいいの?バターとの違いは何?作り方もご紹介!

スポンサーリンク

ギーって何?

「最近よく聞く、“ギー”ってなんなのさ?」

ギーとは食用に使うバターオイルの一種です。
今回の記事では『ギー』について調べてまとめてみたので、ご参考にしてください。

スポンサーリンク

ギーってなに?

ギーとバターの違い

ギーはバターに比べてより純粋な油になります。
乳酸発酵したバターをゆっくりと加熱しながら溶かしていき、それをろ過したものがギーです。

そのためバターから

  • 水分
  • 糖分
  • タンパク質

などが除かれており、より純粋な油になっています。

こうすることで、長期間の常温保存が可能となります。

ギーの香り

バターを加熱しているので、甘くて香ばしい香りがギーからは漂います。
そのため食用以外でも、肌に塗る天然のオイルとして使われています。

スポンサーリンク

ギーは乳糖不耐性の人でも大丈夫

乳糖不耐性(ラクトース不耐性)の人は、乳製品を食べるとお腹を壊しがちです(´・ω・)
しかし、ギーは乳糖を取り除いているため、乳糖不耐性の人でも食べることが可能です。

ギーには中鎖脂肪酸が豊富

ココナッツオイルのように、ギーには中鎖脂肪酸が多く含まれています。
中鎖脂肪酸は素早くエネルギーに変わる特性があるため、

  • 体に負担をかけずにエネルギーにする
  • 脂肪になりにくいく

というメリットがある脂肪酸になります。(`・ω・´)”

ビタミンA・D・Eが豊富

ギーは脂溶性ビタミンである

が豊富に含まれています。

スポンサーリンク

ギーの使い方は?

ギーが苦手でなければ、ほぼいろんなものに使えると思います!

バターコーヒー

ギーを一躍有名にしたのが『バターコーヒー』だと思います。
その名の通り、コーヒーにバターを入れるのですが、これをバターじゃなくてギーで代用します。

ご飯と絡める

白米にギーと醤油をかけて食べるとうまいです( ´∀`)
バラーライス的なね。

カレーに入れる

「ギーの匂いが苦手」という人は、カレーやシチューに入れると問題なく食べれると思います。

マッサージオイルに

純粋なオイルかる、ビタミンも豊富なのでマッサージにはもってこいのものです。
ギーはちょっと高めなので、「塗るのはもったいないな」と私は思ってしまいますが笑

ギーって家庭でも作れるの?

ギーは家庭でも作ることができます。

ギー作りに必要なもの

  • 無塩バター(出来上がり量は無塩バターの90%くらいになります)
  • コンロ
  • ザル
  • キッチンペーパーorコーヒーフィルター
  • ギー保存の容器(ボールなど)

ちなみにどうせギーを作るならガラスフェッドバターがオススメです。
グラスフェッドバターは『放牧飼育された牛から作られたバター』のことで、普通のバターより安全性も栄養価も高いものになります。

関連記事

ギーの作り方

  1. 無塩バターを鍋に入れて溶かす(弱火で)
  2. かき混ぜる必要はなく、そのまま放置
  3. バターの水分を十分に蒸発させる(焦げ付かないように注意)
  4. パチパチという音がなくなり、浮遊物が出てくるのがおさまったら、火を止める
  5. ボールにキッチンペーパーorコーヒーフィルターをしいたザルをおき、火にかけたバターを流してろか
  6. そのまま保存か、保存容器に移して完了(`・ω・´)”

バターと違って常温保存が可能です!
半年以内を目安に使い切ってください。

ギーを買うなら?

「ギーを作るのめんどくさい!」

という方は、ネットで買っちゃいましょう!

酪農大国オランダ産の最高級ギー

アマゾンで購入できる&評価も高いギーがこれ。

チェックポイントとしては、

  • グラスフェッドバター100%原料

であることを満たしています。

iHerbで買うならPure Indian Foods 発酵ギー

Amazonよりお得にギーを買うならやっぱりiHrb(アイハーブ)ですね。

→→→iHerbで評価の高いギー

先ほど紹介したギーが200gで2000円くらいだったのに対して、このギーは425gで2000円くらいです!
iHerbで注文した方がだいぶお得になります!
ということで、アイハーブでギーを買うのがオススメになります。

ちなみにアイハーブで私がよく購入しているサプリがこちら→→→『アイハーブでよく購入するサプリメント

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?
この記事では『ギー』について書いてきました。

すごいこだわりが無ければ、ギーでなくてもグラスフェッドバターで十分だと思います(`・ω・´)”
でも、食用にも使いたいし、乾燥肌にも使いたいし、良質な脂質を摂取したい!などなどの色々な悩みをひとまとめにしたいのであれば、ギーはオススメかなぁと思います。

その辺は、お財布と相談していください( ´∀`)
今回の記事も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

*脂質関連記事

スポンサーリンク

コメント