スキンケアやヘアケアで重要なこと→体は食べたもので作られる

スキンケアやヘアケアで重要なこと→体は食べたもので作られるスキンケアをする
スポンサーリンク

スキンケアやヘアケアで大事なことってなんだろう?

そんな疑問に答えます。

 

結論から言いますと、「健康的なものを食べる&不健康なものは食べない」がもっとも重要です。というのも、肌も髪も、口にしたもので作られるからです。

スポンサーリンク

1 体は食べたもので作られる

当たり前のことですが、私たちの体は食べたもので作られます。インスタント食品ばかりを食べていたら、その栄養素で脳も肌も作られるのですね。

 

数万円もする美容系の化粧品を買う前に、きちんとした食事なのです。これが大前提ですね。

嘘に騙されないために健康情報について知っておきたいこと

 

1.1 ビタミンを顔に塗る前に野菜を食べよう

ビタミンAやCがお肌にいいことは分かっています。化粧品にそれらが含まれているのも納得できます。

 

でも、まずは肌に塗るのではなく、「口から取り込みましょう!」というのが、この記事で伝えたいことです。きちんとした食事ができた上で、まだお金に余力があれば化粧品に頼っていきましょう。

エリカ・アンギャルさんから学ぶ美女になるための食事術

1.2 化粧品の原価は5%未満

これは有名な話ですが、化粧品の原価は5%ほどです。1000円の化粧水の原価は50円なのですね。成分表を見ればわかりますが、ほとんどの化粧品は「水」が一番多く含まれていますから、当然といえば当然かもしれません。

 

私は大学で生物を専攻していたこともあり、大学の友人は化粧品メーカーに就職する人もいました。友人はそこで、化粧品の研究・開発などをやっております。

 

そんな友人に「化粧品の原価ってほんとうに5%くらいなの?」と聞いてみました。すると「5%もあれば十分だよ」というパンチの効いた言葉が返ってきました。

 

化粧品メーカーは、美人な女優さん、イケメンの俳優さんに広告費をばら撒かなければなりませんから、原価5%未満のものをいいお値段で売っていくのですね。

元食品メーカー研究開発職が『加工食品の裏側』を話すよ【あまり食べない方がいい】

1.3 健康的な細胞をつくるために

美容を気にするのであれば、以下の3つをまずは気にしましょう。

  1. しっかり寝る
  2. きちんとした食事
  3. 適度な運動

の3つです。

 

この3つがを満たせるまでは、そこまで高くない化粧水やら美容液やらでいいのではないでしょうか。やたらと高いモノを買っても、どうせ原価は5%くらいなのですから、そこにお金を投入するよりは食材にお金を使いましょう。

おわりに

ということで、今回もいつもの結論です。

  • しっかり寝る
  • きちんとした食事を食べる
  • 適度に運動する

の3つですね。

 

この3つがヒトが生きる上でのすべてのベースです。「〇〇するだけで」系の怪しい情報に踊らされる前に、この3つをしっかりと守っていきましょう。それでは!

 

*このページの内容を簡単に動画にしています↓が

スキンケアやヘアケアで重要なこと→体は食べたもので作られる

コメント