ランニングは痩せる?消費カロリーは少ないしストレスホルモンが分泌

ランニング ダイエット 痩せる ダイエット
スポンサーリンク

ランニングで痩せれるのかな?

その疑問に答えます。

 

結論から言うと、ランニングでダイエットはかなり厳しいです。というか、運動全般ではなかなかダイエットができません^^;その理由を以下に書いていきます。

スポンサーリンク

ランニングは消費カロリーが少ないので痩せない

よく聞く話だと思いますが、ランニングで30分走ったとしても消費カロリーはわずかです。走るスピードにもよりますが、軽く息が上がる程度ですと、
消費カロリーは30分でおにぎり1〜2個分
です。

ランニングに限らず、運動全般はそこまで消費カロリーが高くありません。

*ランニングの消費カロリーは体重(kg)×距離(km)がおよその消費カロリーになります。

カロリーについて>

ランニングをすると食欲が激しくなる

ダイエットにおける運動のジレンマ的なものですが、動くようになると食欲がアップします。食生活に気をつけておかないと、ここで糖分や脂質がたっぷり詰まったハイカロリーなものを食べると本末転倒。気をつけたいところです。

こちらもランニングに限らず、運動全般は食欲を増進させます。

太りやすい食べ物>

走った気になって食べちゃう

もっとも恐ろしいのが、「いやー、今日はたっぷり運動したなー。今日くらいはデザート食べちゃおう!」と、勘違いしちゃうことです。

 

運動で消費できるカロリーはアスリートでない限り、ごくわずかです。

 

運動した気になって食べすぎないように。(ジムが増えて、肥満が増えたという話もあります)

走り過ぎはストレスホルモンが分泌される

走りすぎも問題でして、ストレスホルモンのコルチゾールが分泌されてしまいます。コルチゾールは内臓脂肪を貯める働きもありますし、体中に炎症を起こす危険性もあります。

炎症について>

 

30分程度のランニング(有酸素運動)では全然カロリーを消費しませんし、45分以上のランニングだとコルチゾールがたくさん出てくるという難しさ^^;

ランニングの目的はダイエットではなく気分を爽快に

ランニングに否定的なことを書いてきましたが、私はランニングはとても良いものだと思っています。というのも、ランニング(有酸素運動)は精神を上向きにするからです。

 

ですから運動習慣として、ランニングをすることは生活の質を高めます。ダイエットを目的にするのではなく、気分を爽快にさせることを目的にランニングをしましょう。

 

またコルチゾール問題ですが、慢性的にコルチゾールが出るのは良くないですが、短期的には大丈夫です。つまり、毎日コルチゾールがたくさん出るほど走るなってことでして、週に数回であれば全然問題ありません。

おわりに:適度に運動+健康的な食事でダイエット

ダイエットに必要なのは運動より食事です!

ダイエットの情報まとめ>

 

ということで、まずは食事に気をつけて、ランニングを週に数回程度、軽く息が切れる程度にやってもらえたらなと思います。それでは!

スポンサーリンク

コメント