筋肉痛の原因ってなに?「乳酸がたまるから」はもう古い情報

筋肉痛の原因とは? 筋トレ
スポンサーリンク

筋肉痛ってなんで起こるの?

その疑問に答えます。

歳を取ると運動の2日後に筋肉痛がくる・・・なんていう人もいますが、なんで数日後に来るんだよ?と、疑問に思ったこともあるのではないでしょうか?

昔は「筋肉に乳酸がたまるから」なんて言われていましたが、今では違った解釈がされています。ただし、まだ筋肉痛の原因ははっきりとは解明されてはいないようですが・・・。

スポンサーリンク

筋肉痛の原因は筋繊維の修復過程で神経を刺激するから

筋トレとは、筋繊維をいじめるドMな行為です笑

筋繊維をいじめるのですから、当然ながら筋繊維は傷つきます。傷ついた筋繊維を修復するために、体の修復機構が傷ついた箇所に集まり修復作業を行います。(道路工事みたいなもの)

筋繊維の修復過程で神経が刺激され“痛み”が生じるというのが、現在有力な説なのです。

【NHK】家でできる効果的な筋トレについて>

数日後に筋肉痛がくる原因

「若い時は次の日には筋肉痛がきたのに、今では2日後とか3日後だよ・・・」

これが意味することはわかりますか?“修復作業が遅くなった”ということです。

普段から運動する人であれば、筋繊維の周りに栄養を送る毛細血管が発達していますが、運動不足の人は毛細血管が発達していません。毛細血管が発達してないと、筋繊維を修復するための栄養がなかなか送られず、修復に時間がかかります

そのため、運動の数日後に筋肉痛がくるわけです。(と、言われています)

だから、日頃から運動をしておけば毛細血管も発達しておりますので、筋肉痛が遅くなるということもないかと思います。(筋肉痛が遅れてくるようになった、というのは加齢より運動不足の方が大きいです)

プロテインについて>

筋トレの強度によって時間差の筋肉痛は変わる

また、筋トレの強度が高ければ高いほど筋肉痛は早くきて、強度が低いほと筋肉痛は遅くくると言われております。年齢というよりは、運動強度によっても変わってきます。

まとめ

筋肉痛が数日後にくるようになった・・・は老化のサインというよりは運動不足のサインになります。

ということで日ごろから運動しておけば、2日後、3日後にくる筋肉痛に悩まされる事はないかと思います。今回の記事も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。それでは!

*運動関連記事

コメント