体系をキープしたい?大きな筋肉を鍛えて効果的にカロリーを消費する方法

体系をキープしたい?大きな筋肉を鍛えて効果的にカロリーを消費する方法 筋トレ
スポンサーリンク

世間ではダイエットの情報や筋トレの情報があふれています。

多くの人が体型を良くしたいんだなぁと思いつつ、そんなにも情報必要なの?と思ってしまいます。

結局は情報だけを集めている情報コレクターになってる人が多いんです。(うちの母親は健康番組ばかり見ています笑)

体型を保つには情報よりは“動くこと”ですよね。

ということで、今回の記事は『効率的な体型キープの方法』についてご紹介します。

スポンサーリンク

まずは筋肉の知識から

ダイエットに筋トレは必要なのでしょうか?

私は必要だと思っています。

なぜだと思います?

 

理由としては、「筋肉はエネルギーの燃焼機関」だからです。つまり筋肉をつければつけるほど、エネルギーを消費していきます。

極端な話、筋肉さえあれば基礎代謝は上がるので、毎日ウォーキングとかしなくていいです。(極端なこと言ってます。有酸素運動はやるべきです!)

毎日ウォーキングするとかランニングをするって、歩くのや走るのが好きな人でないと継続するのって難しいと思います。

そういうのが「めんどくさい」って思う人は、単純に筋肉をつければ良いんです。

有酸素運動は30分とかしなくちゃならないですけど、筋トレなら5分でも十分効果があるので、時短にもつながります。(もちろん有酸素運動もやってほしいのですが、そこまで続かないって人にはまずは筋トレをオススメします)

筋トレは2つだけ

女性は「筋肉をつけてごつくなりたくない」と思う人がいるかもしれませんが、安心してください。

確かに、腕立てをすれば腕が太くなる可能性がありますが、腕が太くなるほど筋肉に負荷をかけれる人なんてほとんどいません

先ほど「筋肉はエネルギーの燃焼機関だ」と言いましたが、もっともエネルギーを燃焼してくれる筋肉はどこだと思いますか?

そこの筋肉さえ鍛えておけば効率よくエネルギーを燃焼してくれるんですね!

その筋肉は・・・

 

  • 腹筋
  • 背筋
  • 太もも

いわゆる“体幹”と呼ばれる筋肉群です。

この3つの筋肉が人体の中で最も大きい筋肉なので、最も多くのエネルギーを燃焼します。この3つの筋肉を鍛えさえすれば、効率よくダイエットすることができます。

特に腹筋や背筋を鍛えておけば姿勢もよくなるというメリットつきなので、良いことばかりなのです。

この筋肉は鍛えても太くなりにくいので、女性にとって安心して鍛えることができますね。ちなみに腹筋と背筋は私がやるやり方ならば、まとめてすることができます。

腹筋&背筋

そのやり方とは腹筋ローラーを使うことです!(私のサイトを見てくれてる人ならば分かると思いますが、何度も紹介しているお気に入りの筋トレグッズです(=゚ω゚)ノ)

使い方は膝を立ててコロコロするだけ。わかりにくければユーチューブで動画を見て下さい。

腹筋背筋が衰えている人にとっては、かなりきついかもしれませんので、数回程度から始めて下さい。

腹筋ローラーを持っていないならば、普通の腹筋で大丈夫です。回数をこなすよりは一回一回を丁寧に、反動をつけずに行ってくださいね。

まずは30回を目標にしてみてください。

 

また、『プランク』もオススメの体幹トレーニング方法です。

プランクとはうつ伏せの姿勢から、腕を曲げて肘で上半身を上げて、さらに腰を上げて体を一直線にしてそのままキープする運動のことです。

背中が反ったり、お尻をあげすぎてもダメなので、一直線を意識してください。

プランクは、まず1分を目標にやってみてください。

「え?こんなの超簡単だろ?」

と、思うかもしれませんが、結構きついんですよー。

試しに今すぐやってみてください!!

いきなりやってみて、もし3分間プランクの姿勢をキープできたのなら、もうこのページを見る必要はありません笑

ちなみに、プランクは産後ケアに取り入れられていたりもするので、怪我をしないトレーニングとしても有名です。(自重トレーニングは基本的に怪我をしにくいです)

スクワット

太ももを鍛えると言ったら、やっぱりスクワットです。中高生時代の部活を思い出しますね〜。

スクワットにも様々なやり方があると思いますが、一番メジャーなやつをご紹介すると、肩幅程度に足を開き、つま先が膝より前に出ることなく、おしりを落とします。(前かがみにならないうに注意しながら行ってください)

これも太ももの筋肉が弱っていればきついと思うので、数回程度から始めてください。

腹筋ローラーに比べてスクワットはどこでもできるのでお手軽です。

例えば、ケトルでお湯を沸かしている間の数秒の間にやったり、電子レンジでチンする間にやったりと、時間がふと空いた時にサクッとやることができます。

他にも、ドライヤーで髪を乾かす間にちょっとやってみたり。彼氏がいる前ではやらないほうがいいかもしれませんが笑

これを習慣にしてしまえば、そんなにダイエットを気にしなくても理想の体型をキープできると思います。

まとめ

今回の記事では『効率的な体型キープの方法』の方法についてご紹介してきました。

さて、この記事を簡単にまとめてみます。

  • エネルギー消費の多い筋肉を鍛えると効果的
  • 腹筋・背筋・太ももが3大筋肉群
  • 私のサイトでは『腹筋ローラー』をオススメしています

ダイエットの番組を1時間も見る暇があれば、たった15回でよいのでスクワットをしてください。

そしてお風呂から出た後、筋肉が温まっているうちに腹筋ローラーを5回コロコロしてみてください。これだけでもやればかなり変わってくると思います〜。

本日も最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございました。

*ダイエット関連記事

追記:筋トレが続かない人に向けて

「だめだ!全然筋トレが続かないよ!!」

という人は、ストレッチから始めてみるのもいいと思います。なんにせよ、“カラダを少しでも動かす”ことを生活に取り入れてみてください。

スポンサーリンク

コメント