プロテインのWPIとWPCの違いってなに?効果も違うのか?

スポンサーリンク

プロテインを飲み始めて、ちょとずつプロテインの知識がついてくると『WPIやらWPC』やらがとっても気になってきます( ´∀`)
「なんだ?? WPIやWPCってなんなんだ???」と、プロテインの種類が気になりすぎて夜も眠れない方のために、それらの違いについて書いていきます(`・ω・´)”

ついでに、CFMとWPHについても後半紹介します。

スポンサーリンク

WPC製法のプロテインとは!?

WPC(Whey Protein Concentrate:濃縮乳清タンパク質)は、もっとも一般的なホエイプロテインの製法です。
安いホエイプロテインはほぼ、WPC製法になっています。

WPCプロテインのメリット

メリットとしては、『安さ』が挙げられます。
また、濃縮過程で炭水化物やミネラル、ビタミンが取り除かれないため、栄養素も多く含んでいます。

WPCプロテインのデメリット

WPC製法のプロテインはデメリットがあります。
それは『乳糖(ラクトース)』が多く残ることになります。

日本人のほとんどは乳糖不耐性なので、乳糖が含まれる食品を食べるとお腹がゴロゴロしたり、下しやすくなったりします(´・ω・)
牛乳を飲んでお腹がゆるくなる人は、WPC製法のプロテインを飲むと同じようにお腹が緩くなる可能性が大です。

また、乳糖不耐性の人がWPCプロテインを牛乳で割るのは禁じ手です。
お腹がハイパーグルグル状態になりますから笑。

いや〜、お腹がゴロゴロしない人は、安いWPCプロテインでいいので羨ましい限りですね〜(`・ω・´)”

スポンサーリンク

WPI製法のプロテインとは?

WPI (Whey Protein Isolate:分離乳清タンパク質)は、WPCと違って乳糖(ラクトース)を分離しているので、乳糖不耐性の人でもお腹が緩くなりにくいプロテインの製法になります(`・ω・´)”

WPIプロテインのメリット

WPI製法のプロテインは、乳糖以外にも脂肪などの成分を分離しているので、タンパク質の含有率が高いのが特徴です!
タンパク質摂取を目的とするならば、この上ないものになります(`・ω・´)”

WPIプロテインのデメリット

プロテイン以外のものが分離されているということなので、ビタミンやミネラルも少なくなっています。
また、WPC製法のプロテインよりお値段が高めになっているのもデメリットかと。

私は結構強めの乳糖不耐性なので、WPCプロテインを飲むとお腹がグルグルします。
だから、プロテインを飲むときはWPI製法のものを選ぶようにしています。

お腹のグルグル程度で、WPCかWPIを選べばいいかと思います(`・ω・´)”
「俺はお金が有り余ってるぜーーー!!!」という方はWPIでいいかと( ´∀`)

スポンサーリンク

プロテイン上級者ならCFMやWPHも知っておくべき?

WPCとWPHの説明が終わったということで、CFMとWPHについても書いていこうと思います。
ここはプロテイン上級者向けの話なので、「どうでもいいぜ!」と思われる方はスルーでOKです。

ちなみに私もこのプロテイン軍たちは興味本位で購入したことはあるものの、リピートはしていません。
というのも、自分のムキムキになりたい願望とこれらのプロテインの値段とでコスパが合わないからです笑。

適度な筋肉で十分という方は、これらのプロテインは必要ないと思います。
まぁ、「俺は金有り余ってるから、最高のプロテインがいいぜ!」という方は、手を出してもいいかと思います。

CFM製法のプロテインって?

CFM (CrossFlow Microfiltration)は、WPCとWPIのいいとこ取りのようなプロテイン製法になります。

つまり、乳由来の栄養分は残しつつ不必要な乳糖と脂肪などを取り除いた、最高の肉体を目指す人向けのプロテインになります!
まぁお値段はWPCプロテインの2倍くらいになるので、一般人は不必要だと思います笑。

でも品質は最高レベルなのは確かです。

WPH製法のプロテインって?

WPH (Whey Protein Hydrolyzed)は、加水分解ホエイプロテインと呼ばれているものです。

なにそれ?って話ですが、吸収率が高いと解釈してもらえたらOKです。
ちょっとだけ詳しい説明をすると、プロテイン(タンパク質)はアミノ酸がたくさん結合したもので、体がプロテインを吸収するときは、アミノ酸をバラバラにしてから吸収します。

WPH製法により、前もってプロテインのアミノ酸をバラバラにしておくことで、吸収率を高めているというわけです(`・ω・´)”
ちなみに、これも乳糖は除去されています。

しかし、ビタミンやミネラルなどの有益な栄養素も除去されています。
だけれども、タンパク質を吸収し筋肉を増量させるという意味では、最高レベルのプロテインだと思います。

欠点を挙げるとしたら、苦味があることです。
アミノ酸の結合が短くなっているので、苦味が出るらしいんですよね。

あと、高いです笑

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?
この記事では『プロテインのWPC製法とWPI製法の違い』について書いてきました。

乳糖不耐性ではない、もしくはそんなに気にならない程度の方であれば、WPC製法のプロテインでいいと思います。
値段も安いですしね〜。

しかし、お腹がゴロゴロしてしまう人は、ちょっとお値段高くなりますがWPIプロテインにした方がいいと思います。
お腹がゴロゴロしてるのに無理して乳糖を摂取するのは、腸内環境的にもよくありませんからね。

そういう積み重ねで腸内に慢性的な炎症が起こると、病気になるリスクを高めてしまいますから、ちょっと高いお金を払っても乳糖が除去されているWPIプロテインを選ぶようにしてください(`・ω・´)”
今回の記事も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

*プロテイン関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す